この記事は「日経トレンディ」2016年11月号(2016年10月4日発売)から転載したものです。内容は基本的に発売日時点のものとなります。

 仕事の合間にエナジードリンクをぐいっと飲む――。その感覚で、カフェインをチャージするというコンセプトのカフェバーが、東京・虎ノ門駅近くに開業した。高級ワークチェアのセレクトショップ「ワーカホリック」を経営するオフィックスが運営する。特徴的なのは、コーヒー、紅茶、緑茶の3種のエスプレッソの専門店であること。豆・茶葉、抽出方法は、エスプレッソの有名店「ダブルトールカフェ」の齊藤正二郎氏が監修している。基本の3種はそれぞれ、そのまま飲む「エスプレッソ」、湯で割る「ロング」、牛乳で割る「ラテ」、炭酸割り、ビール割りの5種から飲み方を決めるという注文方式だ。「基本の飲み物を絞ったため、エスプレッソを200円(税込み)という安価で提供できる」(オフィックス・大矢泰一氏)。

 コーヒーをエスプレッソスタイルで注文して立ち飲みのバーカウンターで待つと、2分ほどで「クレマ」と呼ばれる細かい泡がしっかりと載った本格的なエスプレッソが、小さなグラスで提供された。カウンター上の砂糖を入れて、かき混ぜて一気に飲む感覚は、イタリアのバルのようで楽しい。

オフィックス「カフェインホリック」
所在地/東京都港区虎ノ門1-4-7
営業時間//平日7時~20時、土曜10時~19時
定休日//日曜・祝日
座席数/12~16席(時間帯によって変動)

3種のエスプレッソ。紅茶にはレモンが付き、搾ると爽やかな風味に。緑茶に合う和三盆の砂糖も用意
3種のエスプレッソ。紅茶にはレモンが付き、搾ると爽やかな風味に。緑茶に合う和三盆の砂糖も用意
[画像のクリックで拡大表示]
入り口近くには、立ち飲み専用のカウンター
入り口近くには、立ち飲み専用のカウンター
[画像のクリックで拡大表示]
カウンター近くに、緑茶と紅茶のマシンを設置
カウンター近くに、緑茶と紅茶のマシンを設置
[画像のクリックで拡大表示]

10万円超の高機能ワークチェアも試せる

 ホットドッグ(税込み 650円)は、スピードよりおいしさを重視。パン3種とソーセージ10種が選べて、ソースやトッピングも種類が多い。注文後にソーセージをじっくりと焼くため10分ほど時間がかかる。

 2~4階は、10万円台が主流の高機能ワークチェアの店舗。テイクアウトの飲み物を携えて、チェアやデスクを試すことができる。1階のカフェバーは、店舗の広告塔の役割も果たすというわけだ。

 近隣はオフィス街の割にコーヒー店が少ない地域。需要は多いものの、見慣れないメニューを前に迷う客が時折見受けられ、昼時には行列ができる。知名度が上がり客が増えても提供スピードを維持できれば、疲れたときにエスプレッソを補給するという習慣が根づくかもしれない。

コンセプトを立てたオフィックスのマーケティングリーダー、大矢泰一氏
コンセプトを立てたオフィックスのマーケティングリーダー、大矢泰一氏
[画像のクリックで拡大表示]
ホットドッグに使われるソーセージは大きくてジューシー。フレンチ、ジャーマニーなど10種から選べる
ホットドッグに使われるソーセージは大きくてジューシー。フレンチ、ジャーマニーなど10種から選べる
[画像のクリックで拡大表示]
スタイリッシュな内装の店内。面積の割に椅子の数は少なく、広々と感じる
スタイリッシュな内装の店内。面積の割に椅子の数は少なく、広々と感じる
[画像のクリックで拡大表示]
5階にプレゼンができる個室を用意。今後、貸し会議室としてサービス開始予定
5階にプレゼンができる個室を用意。今後、貸し会議室としてサービス開始予定
[画像のクリックで拡大表示]

(文/日経トレンディ編集部、写真/稲垣純也)