カメラを備え、撮影用に特化したものがドローンの主流。そんななか、プログラミング学習用という新機軸を打ち出したのが、「Airblock」だ。