この記事は「日経トレンディ」2017年9月号(2017年8月4日発売)から転載したものです。内容は基本的に発売日時点のものとなります。

 販売台数500万台を突破した富士フイルム「チェキ」を筆頭に、近年インスタントカメラが世界的なブームとなっている。そんなアナログ回帰の流れのなか発売されるのが、iPhoneに装着し、内蔵カメラを利用して撮影を行うインスタントカメラ「PRYNT POCKET」だ。

バリュートレードジャパン「PRYNT POCKET」
予想実売価格/2万390円(税込み)
サイズ・重さ/幅80×高8月中7月1日さ115×奥行き50mm・210g
充電時間/180分(20枚の印刷が可能)
バッテリー/リチウムイオンバッテリー
付属品/ペーパーカートリッジ、ZINK StickerPaper(10枚)、マイクロUSBケーブル
対応スマートフォン/iPhone 5/5s /SE、6/6s、6/6s Plus、7、7 Plus

手持ちのiPhoneがインスタントカメラに早変わり(画像)
[画像のクリックで拡大表示]

 若い世代を中心に販売を拡大する狙いで、「銀塩カメラになじみがない世代は、紙にして思い出を残すこと自体が新鮮」(バリュートレードジャパン)という。

上面にはシャッターボタンとズームダイヤルを搭載
上面にはシャッターボタンとズームダイヤルを搭載
[画像のクリックで拡大表示]
プリントは専用の用紙を利用。裏面はシールになっている
プリントは専用の用紙を利用。裏面はシールになっている
[画像のクリックで拡大表示]