この記事は「日経トレンディ」2016年7月号(2016年6月4日発売)から転載したものです。内容は基本的に発売日時点のものとなります。

 「G・U・M PLAY」は「スマートフォンとつながる歯ブラシ」だ。正しく磨けているかどうかを認識し、スマホアプリに反映する仕組み。電動歯ブラシではすでに同様の商品があるが、これは普通の歯ブラシで使える点が画期的だ。

 製品の“本体”は、歯ブラシのハンドル部に装着する、加速度センサーとブルートゥースを内蔵したアタッチメント。歯ブラシは付属するが、同社の「G・U・M」シリーズなら大半が対応する。

 歯ブラシの向きや動きの速さを加速度センサーが認識。歯のどこをどの程度磨けたかの記録がスマホに蓄積され、「磨く力が強い」という警告も出るようになっている。

サンスター「G・U・M PLAY」
実勢価格/5400円(税込み)。交換用別売りカラーキャップ各540円(同)
重さ/約15g(歯ブラシ除く)
電源/コイン電池CR2032
対応OS/iOS 8.0以上、Android 4.0以上
販売店/サンスターオンラインショップ、東京圏の一部店舗

写真右のスマホ画面は、3アプリ共通の機能「マウスログ」
写真右のスマホ画面は、3アプリ共通の機能「マウスログ」
[画像のクリックで拡大表示]
本体(写真左下)とカラーキャップを歯ブラシに装着
本体(写真左下)とカラーキャップを歯ブラシに装着
[画像のクリックで拡大表示]
付属の歯ブラシは大人用と子供用を選べる。市販の歯ブラシも使える
付属の歯ブラシは大人用と子供用を選べる。市販の歯ブラシも使える
[画像のクリックで拡大表示]
アプリ画面を見ながら歯を磨くと、加速度センサーが磨き具合を認識する
アプリ画面を見ながら歯を磨くと、加速度センサーが磨き具合を認識する
[画像のクリックで拡大表示]

モンスターを磨いて退治する!?

 専用アプリは3種類。「MOUTH NEWS」は、「右上の歯」などの指示通りに磨き続ければニュースを表示。手が止まると画面も止まるため、3分間磨き続けることを促される。子供向けの「MOUTH MONSTER」は、“モンスターを磨いて”退治するゲーム。モンスターが右上に逃げたら右上の歯を磨くルール。「MOUTH BAND」は曲に合わせて磨くと、正しく演奏できる演出だ。

 3アプリともに、終了後は「マウスログ」機能で、どこの歯をどれだけ磨けたかの記録と採点結果を見られる。ログは3アプリで共有されているため、気分次第でアプリの使い分けも可能だ。

 なお加速度センサーでは、磨いているのが歯の表面なのか裏面なのかの判定はできる。ただしそれは、「右上の歯」などアプリの指示通りのエリアを磨いていることが前提の仕組み。利用中はアプリ画面を見続ける必要がある。

 歯ブラシを差し替えれば、1台の本体で家族が利用でき、スマホ連動機器としては手頃な価格。ゲーム的な演出はシンプルで、今の3アプリだけではやがて飽きそうだが、ログ機能は一定の動機づけになる。アプリの進化次第では“一家に一台”になり得る商品だ。

モンスターを退治、バンド演奏、ニュースと3種類のアプリを用意
モンスターを退治、バンド演奏、ニュースと3種類のアプリを用意
[画像のクリックで拡大表示]
モンスターを退治、バンド演奏、ニュースと3種類のアプリを用意
モンスターを退治、バンド演奏、ニュースと3種類のアプリを用意
[画像のクリックで拡大表示]
モンスターを退治、バンド演奏、ニュースと3種類のアプリを用意
モンスターを退治、バンド演奏、ニュースと3種類のアプリを用意
[画像のクリックで拡大表示]
記者の目
新規性 ⇒ 電動歯ブラシ以外では初のスマホ連動商品で、斬新な体験ができる

実用性 ⇒ アプリの“楽しさ”はまだ最低限だが、操作は簡単で戸惑わない

価 格 ⇒ 家族全員で兼用できる機器で税込み5400円なら手頃といえる

担当者の
サンスター オーラルケアカンパニー マーケティング部 松富信治氏
サンスター オーラルケアカンパニー マーケティング部 松富信治氏
 オーラルケア市場は好調だが、それは主に高齢化によるもので、40代以下の世代はまだ意識が低い。磨く時間も短く、歯ブラシを交換する頻度も「年3~4本」など低すぎる人が多い。この状況を受けて約2年前から開発をスタート。どの程度磨けたかを可視化し、きちんと磨くのが楽しいという動機づけをすることを目指した。アプリには、歯ブラシの交換を促すアラートを出す機能も付けた。売り上げの初速は計画を上回っている。アプリの種類や機能は今後も拡充していく。

(文/日経トレンディ編集部)