この記事は「日経トレンディ」2016年6月号(2016年5月2日発売)からの先出し記事です。内容は基本的に発売日時点のものとなります

 スタンプ市場で最大手のシヤチハタが今春、個人向けの新サービス「OSMO(オスモ)」の展開を始めた。これは、利用者の好みに応じて、その場で印面を自在にカスタマイズできる画期的な“スタンプ自販機”。老舗文具店の嶋屋 銀座本店(東京都)、裏磐梯レイクリゾート(福島県)に設置されている他、商業施設や観光地、テーマパークなど、今年度中に全国100カ所に導入する予定だ。

 オスモ用スタンプホルダーのサイズは3種類(税別 500~800円)。利用者はこれを設置店舗で購入し、内部の印面ユニットをオスモ本体にセットする。本体のタッチパネルでは30種類以上のフレームやイラスト、8種類のフォントを駆使して、印面のデザインが可能。操作はプリントシール機のように簡単だ。また、スマートフォン専用サイト「オスモパーク」経由でアップロードした写真をベースにスタンプを作ることもできる。インスタグラムなどで撮りためた写真を活用できるのは魅力だろう。

シヤチハタ「OSMO(オスモ)」
スタンプホルダー種類(印面サイズ・価格)/オスモ1010(10×10mm・税別 500円)オスモ2020(20×20mm・税別 700円)、オスモ2530(25×30㎜、税別800円)
インキ種類/4色
設置場所/バラエティショップ、テーマパーク、水族館、動物園など

その場で印面をカスタマイズできる“スタンプ自販機”(画像)
[画像のクリックで拡大表示]
オスモで作製したスタンプ。浸透印で約3000回押すことができる
オスモで作製したスタンプ。浸透印で約3000回押すことができる
[画像のクリックで拡大表示]
【1】
【1】
スマホ専用サイトに自分の写真をアップロード後、受け付け番号を本体に入力する
[画像のクリックで拡大表示]
【2】
【2】
印面ユニットをオスモ本体にセット
[画像のクリックで拡大表示]
【3】
【3】
20~40秒で完成
[画像のクリックで拡大表示]
【4】
【4】
印面ユニットをホルダーに装着
[画像のクリックで拡大表示]