この記事は「日経トレンディ」2016年6月号(2016年5月2日発売)からの先出し記事です。内容は基本的に発売日時点のものとなります

 タカラトミーの家庭用ロボットシリーズ「オムニボット」から、新機軸の猫型ロボットが発売された。「Hello! Woonyan(ハロー! ウ~ニャン)」は、猫特有の自由奔放さを再現。人から離れてどこかへ行ってしまったかと思えば、突然甘えてきたり、放っておくと勝手に眠ってしまったりと、予測できない動きをするのが特徴だ。

 頭と頰にタッチセンサーを備え、スキンシップも楽しめる。頭や頰をなでるとゴロゴロと喉を鳴らす姿は、猫そのもの。しばらくなでると「甘えん坊モード」になり、「アイラブユー」と鳴く他、なで方によっては嫌がるそぶりを見せるなど非常に“芸達者”だ。「従順な犬とは異なり、猫の気ままな動きを盛り込んでいる」(タカラトミー)という。

甘えたり、じゃれたりもできる! “進化系”猫ロボット(画像)
[画像のクリックで拡大表示]
頭や耳をなでると、ゴロゴロと喉を鳴らす。目の色で感情も表現
頭や耳をなでると、ゴロゴロと喉を鳴らす。目の色で感情も表現
[画像のクリックで拡大表示]
背中のボタンを押すと、芸を披露する。尻尾は柔らかい素材でできており、顔に連動して動く仕組み
背中のボタンを押すと、芸を披露する。尻尾は柔らかい素材でできており、顔に連動して動く仕組み
[画像のクリックで拡大表示]