この記事は「日経トレンディ」2016年5月号(2016年4月4日発売)からの先出し記事です。内容は基本的に発売日時点のものとなります。

 昨今、海外からの上陸系スイーツが人気を集めているが、これまでとは一線を画す、“本格派”デザート店がオープンする。4月15日、JR新宿駅新南口の新商業施設「NEWoMan」内にオープンするシンガポール発の「ジャニス・ウォン」だ。

 この店は、メニューが何とデザートと酒などのドリンクのみという「デザートバー」。夜の時間帯にはバーテンダーが店に立ち、デザートに合ったカクテルやシャンパン、さらに日本酒も提供する。「予算の目安は、酒と合わせて5000円程度と考えている」(招致したANAフーズ)といい、デザートとしては高価格設定だ。

 「ジャニス・ウォン」は、シンガポール生まれの女性シェフ/パティシエ、ジャニス・ウォン氏の日本1号店。彼女は、英国・ウィリアムリードビジネスメディア主催の「アジアのベストレストラン50」で、アジア最優秀パティシエに2年連続で選ばれた経歴を持つ。

JANICE WONG(ジャニス・ウォン)
営業時間/11時~23時(定休日はNEWoManに準ずる)
所在地/東京都渋谷区千駄ヶ谷5-24-55(NEWoMan エキソト2階)

ジャニス・ウォン氏。日本の素材をテイスティングして、メニューを開発した
ジャニス・ウォン氏。日本の素材をテイスティングして、メニューを開発した
[画像のクリックで拡大表示]
JR新宿駅新南口に新しくできる商業施設「NEWoMan」内に出店
JR新宿駅新南口に新しくできる商業施設「NEWoMan」内に出店
[画像のクリックで拡大表示]
“バースタイルのデザート店”がシンガポールから日本初上陸(画像)
[画像のクリックで拡大表示]
“バースタイルのデザート店”がシンガポールから日本初上陸(画像)
[画像のクリックで拡大表示]
カウンター席では、素材などを説明しながら客の前で盛り付け。スタッフにはバーテンダーがおり、デザートに合ったカクテルも用意する