卓上で出来たてを食べられるのが最大の魅力

 水分が多い料理を作れるように、高温に耐える皿状のプレートも付属する。パエリアを作ったところ、具材をプレートで炒めてから一度取り出す手間が必要だったものの、米などを入れて約15分で炊けた。本格的なパエリアが卓上でできるので、温かいうちに好きなだけ取って食べられるのは便利だ。

 付属のレシピブックにはピザだけでなく、ローストビーフなど21種の調理法が載っている。一般的なオーブンで作れるものも多いが、卓上で出来たてを食べられるのが最大の魅力といえる。蓋にある窓から調理の様子をのぞけるのも面白い。ただし、ホットプレートとして使えない点は要注意だ。

 これまでもピザを焼ける同種の製品はあったが、「高温調理と対応するメニューの多さ、立てて収納できる点が強み」(mhエンタープライズ)。汎用性を備えたピザ焼き器であると考えれば、一台持っていると重宝しそうだ。

操作ダイヤルは温度調節とタイマーのみでシンプル
操作ダイヤルは温度調節とタイマーのみでシンプル
[画像のクリックで拡大表示]
ピザ用の石材プレートと、パエリアなどを作れるディッシュプレートが付属
ピザ用の石材プレートと、パエリアなどを作れるディッシュプレートが付属
[画像のクリックで拡大表示]
ピザは生地の表面がカリッとして、中がもちもちした状態で焼けた
ピザは生地の表面がカリッとして、中がもちもちした状態で焼けた
[画像のクリックで拡大表示]
パエリアは作るのにやや手間がかかる
パエリアは作るのにやや手間がかかる
[画像のクリックで拡大表示]
ピザを取り出すためのパドルと、ピザカッターが付属するのは便利
ピザを取り出すためのパドルと、ピザカッターが付属するのは便利
[画像のクリックで拡大表示]
ピザなど約20種の調理法を掲載したレシピブックも用意
ピザなど約20種の調理法を掲載したレシピブックも用意
[画像のクリックで拡大表示]

(文/日経トレンディ編集部)