この記事は「日経トレンディ」2016年5月号(2016年4月4日発売)からの先出し記事です。内容は基本的に発売日時点のものとなります。

 誰もがモノづくりに携わる時代、という趣旨で、「メーカームーブメント」という言葉が使われ始めたのが2013年頃。3Dプリンターがブームを巻き起こした時期だ。あれから数年を経て、「第2波」とも呼ぶべきムーブメントが国内で顕在化している。3Dプリンターのみならず、各種の工作機械をそろえた「モノづくりスペース」が、東京を中心に増えているのだ。

 2014年末にDMM.comが「DMM.make akiba」をオープンしたのに続き、2015年にはホームセンターのカインズが店舗内に「カインズ工房」の設置をスタート。そしてこの4月、富士通の100%出資でオープンしたのが、米国最大手の日本1号店「テックショップ東京」だ。

 約1200m2ものスペースに、3Dプリンターはもちろん、金属加工や木工、テキスタイル(布地)など、高いものは数百万円クラスの大型機械を多数そろえる。鋼鉄も精密に切り出せるワイヤカット放電加工機や、縦横1m以上の木板も加工できる木工用CNCマシニングなど、珍しい機材が並ぶ。

TechShop Tokyo
所在地/東京都港区赤坂1-12-32 アーク森ビル3階 TEL/03-5797-7110
営業時間/10時~23時(年末年始・夏季休業あり)
サービス内容/工作機械と作業スペースの提供、セミナールームの貸し出し(別料金)、製作物の保管(別料金)など

金属加工
ローランド ディージーの金属彫刻機
ローランド ディージーの金属彫刻機
[画像のクリックで拡大表示]
TechShop Tokyoのなかでも特に高額なワイヤカット放電加工機
TechShop Tokyoのなかでも特に高額なワイヤカット放電加工機
[画像のクリックで拡大表示]
木工
木工
米ショップボットツールズのCNCマシニングを設置。縦横1m超の木材も切れる
[画像のクリックで拡大表示]
樹脂加工
樹脂加工
3Dプリンターに加え、3Dデータ作成用のパソコンも設置している
[画像のクリックで拡大表示]