この記事は「日経トレンディ」2017年3月号(2017年2月3日発売)から転載したものです。内容は基本的に発売日時点のものとなります。

 きびきびとスポーティな走りに定評がある小型ハッチバック「スイフト」(スズキ)が、6年半ぶりにフルモデルチェンジされた。

 重心の低さを感じさせる外観デザインは、基本的にキープコンセプトという印象。だが、新プラットホーム「ハーテクト」を採用し、ボディやエンジン、足回りをすべて見直し、中身は一新された。特に車体重量は従来モデルに比べて120kgも軽く、かつ剛性が格段に高まっており、スイフトらしい軽快なコーナリングや、街乗り時の快適性の高さが期待できる。

スズキ「スイフト」
車両本体価格/134万3520~184万5720円(税込み)
サイズ・重さ/全長3840×全幅1695×全高1500mm・910kg
エンジン/直列4気筒DOHC、1242cc
最高出力・最大トルク/67kW(91ps)/6000rpm・118Nm(12kgm)/4400rpm ●JC08モード燃費/27.4km/L
 ※諸元は「HYBRID RS」(2WD)グレードのもの

簡易ハイブリッド機構を初搭載した「新型スイフト」(画像)
[画像のクリックで拡大表示]
外観は先代モデルより精悍なイメージが強調されている
外観は先代モデルより精悍なイメージが強調されている
[画像のクリックで拡大表示]
ナビやエアコンの操作系をドライバー側に向けるなど、運転席中心のつくりに
ナビやエアコンの操作系をドライバー側に向けるなど、運転席中心のつくりに
[画像のクリックで拡大表示]
軽量高剛性の新プラットホーム「ハーテクト」を採用。車両全体では120kgの軽量化に
軽量高剛性の新プラットホーム「ハーテクト」を採用。車両全体では120kgの軽量化に
[画像のクリックで拡大表示]