この記事は「日経トレンディ」2017年3月号(2017年2月3日発売)から転載したものです。内容は基本的に発売日時点のものとなります。

 きびきびとスポーティな走りに定評がある小型ハッチバック「スイフト」(スズキ)が、6年半ぶりにフルモデルチェンジされた。

 重心の低さを感じさせる外観デザインは、基本的にキープコンセプトという印象。だが、新プラットホーム「ハーテクト」を採用し、ボディやエンジン、足回りをすべて見直し、中身は一新された。特に車体重量は従来モデルに比べて120kgも軽く、かつ剛性が格段に高まっており、スイフトらしい軽快なコーナリングや、街乗り時の快適性の高さが期待できる。

スズキ「スイフト」
車両本体価格/134万3520~184万5720円(税込み)
サイズ・重さ/全長3840×全幅1695×全高1500mm・910kg
エンジン/直列4気筒DOHC、1242cc
最高出力・最大トルク/67kW(91ps)/6000rpm・118Nm(12kgm)/4400rpm ●JC08モード燃費/27.4km/L
 ※諸元は「HYBRID RS」(2WD)グレードのもの

簡易ハイブリッド機構を初搭載した「新型スイフト」(画像)
[画像のクリックで拡大表示]
外観は先代モデルより精悍なイメージが強調されている
外観は先代モデルより精悍なイメージが強調されている
[画像のクリックで拡大表示]
ナビやエアコンの操作系をドライバー側に向けるなど、運転席中心のつくりに
ナビやエアコンの操作系をドライバー側に向けるなど、運転席中心のつくりに
[画像のクリックで拡大表示]
軽量高剛性の新プラットホーム「ハーテクト」を採用。車両全体では120kgの軽量化に
軽量高剛性の新プラットホーム「ハーテクト」を採用。車両全体では120kgの軽量化に
[画像のクリックで拡大表示]

燃費ではアクアに劣るが、自動ブレーキも搭載で価格は手ごろ

 加えて新型スイフトは、1.2Lエンジンにモーター機能付き発電機(ISG)、専用リチウムイオンバッテリーを組み合わせた、マイルドハイブリッドモデルを初めて設定。減速時のエネルギー回生やアイドリングストップ後のエンジン再始動をISGが担い、さらに発進、加速時に最長30秒間モーターアシストすることで燃料消費を抑える仕組みだ。これにより、JC08モード燃費は、最高27.4km/Lと、先代(13年モデル)の同26.4km/Lから少し向上した。ただ、モーターアシストがより頻繁に行われるストロングハイブリッドを搭載するトヨタ自動車の「アクア」(最高37km/L)などと比べれば、燃費ではいまだに大きな差。しかし、スイフトのマイルドハイブリッド搭載モデルの車両価格は約163万円からと安いのが魅力になる。

 また、新型スイフトは、今や“必須装備”となった自動ブレーキなどの先進安全装備を、最安グレードの「XG」以外はオプションで設定可能。スズキ初の単眼カメラとレーザーレーダーを組み合わせて歩行者にも対応する「デュアルセンサーブレーキサポート」を筆頭に、ヘッドランプのハイビームとロービームの自動切り替え、前方への誤発進抑制機能、車線逸脱・ふらつき警報などが盛り込まれており、このクラスでは充実した内容だ。小型車への買い替えを検討するなら有力候補になるだろう。

モーター機能付き発電機(上)とリチウムイオンバッテリー(下)の簡易ハイブリッド機構を搭載
モーター機能付き発電機(上)とリチウムイオンバッテリー(下)の簡易ハイブリッド機構を搭載
[画像のクリックで拡大表示]
フロントガラス上部に単眼カメラとレーザーレーダーを設置(オプション)。歩行者も検知可能に
フロントガラス上部に単眼カメラとレーザーレーダーを設置(オプション)。歩行者も検知可能に
[画像のクリックで拡大表示]
新プラットホームの採用で荷室容量が55L拡大され、265Lと十分な広さに
新プラットホームの採用で荷室容量が55L拡大され、265Lと十分な広さに
[画像のクリックで拡大表示]

(文/日経トレンディ編集部)