この記事は「日経トレンディ」2018年2月号(2018年1月4日発売)から転載したものです。内容は基本的に発売日時点のものとなります。

 会話を聞き取ってすぐ相互に翻訳。コミュニケーションの言葉の壁を取り払う――。ソースネクストが発売したポケット翻訳機「POCKETALK(ポケトーク)」が、予約の段階から発送が3カ月先になる品薄になっている。

ソースネクスト「POCKETALK(ポケトーク)」
実勢価格/2万4800円、2年間利用できる専用グローバルSIM同梱モデルは2万9800円(いずれも税別)
サイズ・重さ/幅60×高さ110×厚さ16mm・約90g
連続使用時間/約6時間(連続翻訳時)
SIMカード通信/W-CDMA方式、3Gのみ利用可。850/1900/2100MHzに対応。日本国内では2100MHz(NTTドコモ)で利用可

63言語対応、精度も早さも実用的な「ポケット翻訳機」(画像)
[画像のクリックで拡大表示]

 使い方は、対応する63言語から、翻訳したい2言語を設定するだけ。ボタンを押して話しかけると、翻訳したテキストを画面に表示して、そのうち42言語は音声でも読み上げる。日本語と英語なら、本体左側のボタンを押して話しかけると日英翻訳で、右側のボタンなら英日翻訳。左右のボタンを押し分けるだけで、相互の翻訳をすぐに切り替えられる。

電源ボタンやマイクは本体裏側にある
電源ボタンやマイクは本体裏側にある
[画像のクリックで拡大表示]
63言語に対応し、ボタン操作で簡単に切り替えられる
63言語に対応し、ボタン操作で簡単に切り替えられる
[画像のクリックで拡大表示]