この記事は「日経トレンディ」2018年2月号(2018年1月4日発売)から転載したものです。内容は基本的に発売日時点のものとなります。

 共有スペースやセミナー会場で席を外す際に、荷物を盗難から見守るデバイス「トレネ」がキングジムから発売される。

キングジム「トレネ」
予想実売価格/6800円(税別)
サイズ・重さ/直径40×高さ29mm・約18g
対応OS/iOS 10以降、Android 6.0以降
通信方式/Bluetooth 4.1(Bluetooth LowEnergy)
連続使用可能時間/約20時間(初期設定状態)
充電時間/約2時間(バッテリー残量および充電環境によって異なる)

カフェやセミナー会場などで離席中に荷物を見守り(画像)
[画像のクリックで拡大表示]
自身の経験からトレネを発案したキングジム商品開発部の渡部純平氏
自身の経験からトレネを発案したキングジム商品開発部の渡部純平氏
[画像のクリックで拡大表示]

 これまで、ショットノートやポメラなど他社にない独創的なデジタル文具を世に送り出してきた同社。トレネは「カフェで仕事中、スマホが鳴り席を外したが、ノートパソコンが気になり会話に集中できなかった経験から生まれた」(商品開発部の渡部純平氏)という。

 トレネは直径40mm、高さ29mm、重さは18gと、片手でつまめるミニサイズ。使い方は、トレネとスマホアプリをブルートゥースで連係させ、トレネとスマホがどの程度離れたら見守りを開始するか、距離を設定するだけ。席を外す際は、荷物の上にトレネを置き、スマホを持っていく。設定した距離より離れると自動的に見守りが開始され、他人が心理的に触りづらいオレンジ色のLEDが光る。もし誰かが荷物を取ろうとしてトレネに振動があれば、アラーム音が周囲に響く。何事もなくスマホがブルートゥース通信圏内に戻ると、自動的にスタンバイ状態に戻るという仕組みだ。

カフェやセミナー会場などで離席中に荷物を見守り(画像)
[画像のクリックで拡大表示]
カフェやセミナー会場などで離席中に荷物を見守り(画像)
[画像のクリックで拡大表示]
見守り中はオレンジ色のLEDが点灯する。トレネに振動があると、設定した大きさのアラーム音が鳴り響く