「South by Southwest(SXSW)」は、毎年3月中旬に米国・テキサス州オースティンで開催される、音楽と映画、最新技術の複合イベント。展示会をはじめセミナー、ライブ、上映会、コンテストなど数千もの催しが行われ、80カ国以上から8万人以上もの来場者を集める。今回はそのなかでも、世界の最新技術とベンチャー企業が集まる「インタラクティブ」部門を取材。世界に打って出る日本企業の動きと、驚くようなアイデアを提示する海外の注目ベンチャーの動きを、現地からリポートする。

メイン会場にとどまらず、周辺のホテルやレストランなどでもさまざまなベンチャー企業が展示を行う
メイン会場にとどまらず、周辺のホテルやレストランなどでもさまざまなベンチャー企業が展示を行う
[画像のクリックで拡大表示]

 米国では昨年、ウエアラブル機器の先駆け・Fitbit(フィットビット)が株式上場を果たした。同様の機器は市場が成熟しつつあり、単に「データを集める」「より健康になる」といった打ち出し方では差別化が困難になっている。

 こうした流れを受け、今年のSXSWに並ぶウエアラブル機器は、「運動時にもっと筋肉が付く」「休息時にもっと気分が安らぐ」など、具体的な利用シーンと得られるメリットを絞り込んだものが増えている。なかには、やや過激とも思える効果・効能をうたうもの、日本では必要な認可が得られなさそうなものもあるが、ウエアラブル機器の最先端を知るうえで、今回のSXSWが象徴的な場となっていることは間違いない。注目の製品をピックアップして紹介する。

ドイツのベンチャー企業が開発した、腕に巻いて使う「Basslet(ベースレット)」。スマホで聴いている音楽の低音部を震動に変換し、Bluetoothで腕に伝える。低音の効果をより体感しやすくなる
ドイツのベンチャー企業が開発した、腕に巻いて使う「Basslet(ベースレット)」。スマホで聴いている音楽の低音部を震動に変換し、Bluetoothで腕に伝える。低音の効果をより体感しやすくなる
[画像のクリックで拡大表示]

米国で話題の「アクティブ耳栓」

 昨年から米国で注目を集めていた「Here Active Listining(ヒア・アクティブリスニング)」が、SXSWに登場。インタラクティブ部門の最も大きい賞である「Innovation Award」で全部門を通じてのベストに選ばれ、話題をさらった。

Here Active Listening。ケースが充電器になっている
Here Active Listening。ケースが充電器になっている
[画像のクリックで拡大表示]