「South by Southwest(SXSW)」は、毎年3月中旬に米国・テキサス州オースティンで開催される、音楽と映画、最新技術の複合イベント。展示会をはじめセミナー、ライブ、上映会、コンテストなど数千もの催しが行われ、80カ国以上から8万人以上もの来場者を集める。今回はそのなかでも、世界の最新技術とベンチャー企業が集まる「インタラクティブ」部門を取材。世界に打って出る日本企業の動きと、驚くようなアイデアを提示する海外の注目ベンチャーの動きを、現地からリポートする。

SXSWメイン会場のオースティン・コンベンションセンター
SXSWメイン会場のオースティン・コンベンションセンター
[画像のクリックで拡大表示]

 過去にツイッターや位置情報アプリ・フォースクエアを輩出し、世界規模のアプリの登竜門として名高いSXSWのインタラクティブ部門。だが、スマホの普及期であった数年前から状況は大きく変わり、単体のアプリが大きな注目を集めるのは難しくなっている。代わって近年、新たな軸となりつつあるのがハードウエアベンチャーだ。

ヒューストンのベンチャー企業が出展した、料理の3Dプリンター。別の記事で追って取り上げる
ヒューストンのベンチャー企業が出展した、料理の3Dプリンター。別の記事で追って取り上げる
[画像のクリックで拡大表示]

 SXSWには海外発のユニークなガジェットも多く集まるが、やはり「モノづくり」となれば日本人ベンチャーの出番だろう。今回は、会場でも注目を集めている、2社のウエアラブルデバイスを取り上げる。いずれも、あえて困難と思われる分野に挑んだ意欲作だ。

16labの指輪型デバイス「OZON」
16labの指輪型デバイス「OZON」
[画像のクリックで拡大表示]