「South by Southwest(サウス・バイ・サウスウエスト、SXSW)」は、毎年3月中旬に米国・テキサス州オースティンで開催される、音楽と映画、最新技術の複合イベント。展示会をはじめセミナー、ライブ、上映会、コンテストなど数千もの催しが行われ、80カ国以上から8万人以上もの来場者を集める。今回はそのなかでも、世界の最新技術とベンチャー企業が集まる「インタラクティブ」部門を取材。世界に打って出る日本企業の動きと、驚くようなアイデアを提示する海外の注目ベンチャーの動きを、現地からリポートする。

メイン会場となる、オースティン・コンベンションセンター
メイン会場となる、オースティン・コンベンションセンター
[画像のクリックで拡大表示]

 SXSWは、ライブを中心とした音楽イベントとして86年にスタート。その後94年に映画、98年にインタラクティブ部門が加わり、現在の形態になった。30周年の節目となる今年は、基調講演に何とバラク・オバマ大統領が登壇。会期は3月11日から20日まで、実に10日間というロングランのイベントだ。

メイン会場のエントランス
メイン会場のエントランス
[画像のクリックで拡大表示]
基調講演に登壇したオバマ大統領。イノベーションが経済に与える影響について、テキサス・トリビューン紙CEOと対談
基調講演に登壇したオバマ大統領。イノベーションが経済に与える影響について、テキサス・トリビューン紙CEOと対談
[画像のクリックで拡大表示]

 今回取材するのはインタラクティブ部門。かつて、ツイッター(07年)や位置情報アプリ・フォースクエア(09年)がこのイベントで大人気を博し、世界的なサービスへと成長したことで、一躍注目を集めるようになった。09年にはインタラクティブ部門が音楽部門の来場者数を抜き、イベントの核へと成長。昨年はインタラクティブ部門だけで、85カ国から約3万3000人の来場者を集めた。