日経トレンディネット(技術・データ)
  • 2019年に注目すべき携帯電話業界のトレンド
    2019.01.09
    2019年に注目すべき携帯電話業界のトレンド
    ドコモの分離プラン導入と楽天の参入による通信料金の値下げ、継ぎ目のない2画面スマホ、次世代モバイル通信規格など、2019年の携帯電話業界のトレンドを佐野氏が予測。
  • 砂場も紙相撲もイマドキ お台場に最新技術満載の子供向けパーク
    2018.11.06
    砂場も紙相撲もイマドキ お台場に最新技術満載の子供向けパーク
    リニューアルしたダイバーシティ東京 プラザの目玉となるのが、体験型知育デジタルテーマパーク「Little Planet × XFLAG」だ。「Little Planet」と『モンスターストライク』などで知られるミクシィがコラボレーションした。
  • 絶妙な価格設定のiPhone XR、その販売を阻む伏兵とは
    2018.10.31
    絶妙な価格設定のiPhone XR、その販売を阻む伏兵とは
    iPhone XS/XS Maxから1カ月遅れで発売となったiPhone XR。前者はブランド力を上げるためのモデルだが、後者は販売数を伸ばすためのモデルだと佐野氏は言う。その理由とは?
  • AIキャラクターに個性や人格 SMEが新会社を通じて提供
    2018.10.30
    AIキャラクターに個性や人格 SMEが新会社を通じて提供
    ソニー・ミュージックエンタテインメント(SME)がAI(人工知能)に個性や人格を確立し自由な対話を可能にするサービスを2018年11月から始める。
  • スマホ新モデルにサプライズなし ドコモの狙いはどこにある?
    2018.10.24
    スマホ新モデルにサプライズなし ドコモの狙いはどこにある?
    10月17日、NTTドコモが冬春モデルを発表した。スマートフォンは7機種だが目新しさはなく、注目されたのはシンプルなカードケータイとワンナンバーフォンだった。
  • Pixel 3を日本に投入したグーグルの「用意周到」
    2018.10.17
    Pixel 3を日本に投入したグーグルの「用意周到」
    11月1日、グーグルの最新機種「Pixel 3/3 XL」が日本で発売される。かつてのNexusシリーズを最後に新端末を日本で発売しなくなってから2年余り、グーグルはなぜ、このタイミングでの発売に踏み切ったのか。
  • シャープ製有機EL搭載AQUOS zeroへの期待と懸念
    2018.10.10
    シャープ製有機EL搭載AQUOS zeroへの期待と懸念
    この冬、シャープ初となる有機EL搭載の新モデル「AQUOS zero」が発売される。IGZO液晶などで“液晶のシャープ”と呼ばれるまでになった同社にとって、AQUOS zeroはどんな意味を持つのだろうか。
  • 広がるゲームの楽しみ方 ゲームショウはどう向き合うのか【TGS2018】
    2018.10.05
    広がるゲームの楽しみ方 ゲームショウはどう向き合うのか【TGS2018】
    出展社数は668企業・団体、総来場者数は29万8690人といずれも過去最高を記録した今年の東京ゲームショウ。TGSから見えるゲーム業界のトレンドとは?ゲームライター3人が振り返る。3回目は稲垣宗彦。
  • eスポーツ躍進の年 記録更新ずくめのゲームショウはどうなる?【TGS2018】
    2018.10.04
    eスポーツ躍進の年 記録更新ずくめのゲームショウはどうなる?【TGS2018】
    出展社数は668企業・団体、総来場者数は29万8690人といずれも過去最高を記録した今年の東京ゲームショウ。TGSから見えるゲーム業界のトレンドとは? ゲームライター3人が振り返る。2回目は岡安学。
  • シャープ、新スマホ「AQUOS zero」で自社有機ELディスプレー搭載
    2018.10.04
    シャープ、新スマホ「AQUOS zero」で自社有機ELディスプレー搭載
    シャープは2018年10月3日、自社開発の有機ELディスプレーを搭載した「AQUOS zero」などスマートフォン2製品を発表した。いずれも2018年冬モデルとして発売する。
  • 昨年から一転、大作ソフトの充実が目立ったゲームショウ【TGS2018】
    2018.10.03
    昨年から一転、大作ソフトの充実が目立ったゲームショウ【TGS2018】
    出展社数は668企業・団体、総来場者数は29万8690人といずれも過去最高を記録した今年の東京ゲームショウ。TGSから見えるゲーム業界のトレンドとは? ゲームライター3人が振り返る。初回は野安ゆきお。
  • 「不気味の谷」は越えるか? 怖いほどリアルなマネキン
    2018.09.26
    「不気味の谷」は越えるか? 怖いほどリアルなマネキン
    体の一部を専用液につけて、微細なシワも浮き出た血管も、毛穴のブツブツまでつぶさに型取りする。そんな「生き写し」の技法で制作した有名人の手や足の石こう像をプレミアム限定商品として販売する、というアイデアがある。
  • 新iPhone3機種から見えてくるアップルの狙いと課題
    2018.09.19
    新iPhone3機種から見えてくるアップルの狙いと課題
    今年もiPhoneの新モデルが発表になった。アップルが今後、iPhone Xの路線をラインアップの軸に据えてくるのは間違いない。だが、高価すぎる端末が、市場に影を落とす可能性もある。
  • IFAに見る欧州の家電のトレンド 快眠促すデバイスが続々
    2018.09.14
    IFAに見る欧州の家電のトレンド 快眠促すデバイスが続々
    世界最大級の家電の総合見本市「IFA2018」とスマート家電やIoTにかかわる革新的な製品や技術が集まる「IFA NEXT」。これらの出展から見えてくる欧州スマート家電のトレンドとは?
  • 2018年のIFAでソニーが見せたもの・見せられなかったもの
    2018.09.10
    2018年のIFAでソニーが見せたもの・見せられなかったもの
    毎年ドイツ・ベルリンで開催される家電の総合見本市「IFA」で、ソニーは今年も最大級のブースを構え、新製品をずらりと並べた。それらから見えるソニーの今を、オーディオ・ビジュアルライターとしても活動する山本敦が展望する。
  • テレビは超高精細時代に 大手が8Kモデルを続々出展
    2018.09.07
    テレビは超高精細時代に 大手が8Kモデルを続々出展
    家電の総合見本市「IFA 2018」では国内外のメーカーが2018年冬に向けた薄型テレビの新製品を出展していた。話題を集めていたのは8Kテレビだ。
  • ソニーがオーディオ製品8分野を一挙披露 担当者に聞く
    2018.09.05
    ソニーがオーディオ製品8分野を一挙披露 担当者に聞く
    イツ・ベルリンで開催中の「IFA2018」で、ソニーはヘッドホン/イヤホン、「ウォークマン」、スマートスピーカーなどのオーディオ製品群を披露。それらをつなぐキーワードについて企画担当者に聞いた。
  • ソフトバンク、新料金プラン発表は行政への忖度?
    2018.09.05
    ソフトバンク、新料金プラン発表は行政への忖度?
    ソフトバンクは今回、iPhoneの新モデルに先立って新料金プランを発表した。新プランの内容を見ていくと、行政の意向に忖度するソフトバンクの姿勢が浮かび上がる。
  • おサイフケータイ対応から見えるオッポの本気
    2018.08.29
    おサイフケータイ対応から見えるオッポの本気
    中国のスマートフォンメーカー、オッポが半年ぶりに新モデルを日本市場に投入する。「R15 Pro」「R15 Neo」の2機種はいずれもSIMフリー端末で、高性能モデルのR15 Proは「おサイフケータイ」に対応しているが、その意味とは?
  • 顔が七変化? 客と会話も? マネキンの進化に驚いた
    2018.08.27
    顔が七変化? 客と会話も? マネキンの進化に驚いた
    最新技術を取り入れた「進化系マネキン」。客と会話をしたり、客の動向データを収集するマーケティング機能を備えたりと、これまでにはない付加価値で新しい地平を開きつつあるのだ。

関連特集・連載

未来の市場をつくる100社
未来の市場をつくる100社
全9回
データビジネス最前線、果実はここに
データビジネス最前線、果実はここに
全7回
武器としての信用スコア
武器としての信用スコア
全9回
キャッシュレス、政府主導で加速するか?
キャッシュレス、政府主導で加速するか?
全5回