スターバックス流のマーケティング 第3回/全3回

スターバックスの地域とつながるマーケティングの進め方

都道府県ごとに限定フラペチーノを販売した「47 JIMOTO フラペチーノ」。47種類の商品を同時に開発するという常識外の“荒業”をなぜ実行したのか。どう進めたのか。スターバックスの森井CMOが、その進め方について解説します。
再生時間:13分
1
スターバックスの地域とつながるマーケティングの進め方

このコンテンツ・機能は有料会員限定です。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>
1
この記事をいいね!する
第2回 スターバックスのデジタル化 CMOが語る「体験づくり」

このセミナーの目次

スターバックス流のマーケティング
  • 全3回

スターバックス流のマーケティング

日本に上陸して25年が経ったスターバックス コーヒー ジャパン。コロナ禍でも、変わらないものと変えるべきものを見極め、さまざまなマーケティング施策を企画した。森井久恵CMO(最高マーケティング責任者)が考えるマーケターやブランドの在り方とは?

あなたにお薦め

セミナー講師

森井 久恵

セミナー講師

ギフト
下のボタンを押すと発行されるURLを使えば
24時間、無料でこの記事が閲覧できます (詳細