ニューノーマル時代の外食、アパレルはどう生き残るか 第3回/全4回

稼ぐ「店員」のつくり方 ニューノーマル時代のアパレルDX

苦戦が続くアパレル業界。どうやってこのコロナ禍を切り抜けるべきか。デジタルでも稼げる「店員」をつくりだす仕組みを提供する、バニッシュ・スタンダードの小野里寧晃氏がニューノーマル時代のアパレルビジネスについて解説します。
再生時間:10分
稼ぐ「店員」のつくり方 ニューノーマル時代のアパレルDX

このコンテンツ・機能は有料会員限定です。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>
この記事をいいね!する
第2回 吉野家はコロナ禍をどう乗り越えているのか 常務が語る成長戦略
第4回 接点が減る中で来店頻度をどう増やす? 吉野家常務が議論

このセミナーの目次

ニューノーマル時代の外食、アパレルはどう生き残るか
  • 全4回

ニューノーマル時代の外食、アパレルはどう生き残るか

外食、アパレルはニューノーマル時代の未来像をどう描くべきか。業界のキーパーソンである吉野家の常務、伊東正明氏と、バニッシュ・スタンダードの小野里寧晃氏が、その秘策やそれぞれの業界の課題について、モデレーターのD4DR藤元健太郎氏と議論します。

あなたにお薦め

セミナー講師

小野里 寧晃

セミナー講師

ギフト
下のボタンを押すと発行されるURLを使えば
24時間、無料でこの記事が閲覧できます (詳細