リテールAI検定 試験対策講座 第3回/全9回

リテールAI検定試験対策講座3 カテゴリーマネジメントへの活用

リテールAI検定対策講座、第3回は、リテール業界においてAIが活用できる3つの領域のうち「カテゴリーマネジメント」への活用について動画で解説します。「カテゴリーマネジメント」とは何か、AIをどう活用すべきかについて学びます。
再生時間:7分
リテールAI検定試験対策講座3  カテゴリーマネジメントへの活用

【リテールAI検定対策講座3 カテゴリーマネジメントへの活用(講義全文)】

 それでは、次に、2つ目として、カテゴリーマネジメントの事例をお話ししていきます。カテゴリーマネジメントとは、消費者、顧客に焦点を当て、そのニーズ、購買行動を理解して、小売業とメーカーの双方がカテゴリーを共通の戦略的事業単位としてコラボレーションすることで、よりよい事業の結果を導き出そうとする活動です。今回は、AIを活用する領域として、(1)顧客行動分析(2)棚割り・陳列(3)品ぞろえ・価格設定の3つに分けて紹介していきます。

 顧客行動分析は、標的顧客の把握、ニーズ、動機の把握によって売り場展開の切り口を検討する入り口になるものです。AIによって、顧客の嗜好を把握し、商品の選定等に生かす取り組みや、店舗のカメラで顧客の属性や感情を分析し、商品配置最適化等に生かす取り組みを紹介していきます。

 棚割り・陳列では、棚割り分析、陳列効果検証により独自の消費者価値提供を具体化するものです。棚割り画像から、商品情報をデータ化したり、陳列について評価したり、また、最新の事例ではVR(仮想現実)技術を用いて棚割りをシミュレーションするような事例を紹介していきます。

 品ぞろえ・価格設定に関しては、品ぞろえの最適化につながるリアルタイムな価格設定に関するもの、供給サイド三者(メーカー、卸、小売り)による協働につながる事例を紹介していきます。ダイナミックプライシングなど、リアルタイムに価格設定を行ったり、設定した価格を電子棚札と連動したりする事例について紹介いたします。

このコンテンツ・機能は有料会員限定です。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>
この記事をいいね!する
第2回 リテールAI検定試験対策講座2 サプライチェーンマネジメントへの活用
第4回 リテールAI検定試験対策講座4 ショッパーマーケティングへの活用

このセミナーの目次

リテールAI検定 試験対策講座
  • 全9回

リテールAI検定 試験対策講座

「リテールAI検定」試験対策の動画講座です。店舗内リコメンド、導線解析、棚割り改善など、リテール分野でどうAI活用を進めていけばよいかを学びます。検定を主催する一般社団法人リテールAI研究会が、検定の基礎部分の主要ポイントを動画で解説します。

あなたにお薦め

セミナー講師

リテールAI研究会

セミナー講師

ギフト
下のボタンを押すと発行されるURLを使えば
24時間、無料でこの記事が閲覧できます (詳細