リテールAI検定 試験対策講座 第2回/全9回

リテールAI検定試験対策講座2 サプライチェーンマネジメントへの活用

リテールAI検定対策講座、第2回では、リテールAIが活用できる3つの分野「サプライチェーンマネジメント」「カテゴリーマネジメント」「ショッパーマーケティング」のうち、「サプライチェーンマネジメント」への活用について動画で解説します。
再生時間:7分
リテールAI検定試験対策講座2  サプライチェーンマネジメントへの活用

【リテールAI検定対策講座2 サプライチェーンマネジメントへの活用(講義全文)】

 リテールAI検定基礎知識編、リテールAIの分野についてお話ししていきます。リテール業界においてAIが活用できる領域としては、主に3つあります。1つ目は、SCM(サプライチェーンマネジメント)、2つ目はカテゴリーマネジメント、3つ目がショッパーマーケティングです。ここからは、各領域において、どのような活用事例があるかを見ながら、そのAIの活用についてお話ししていきます。

 まず1つ目として、サプライチェーンマネジメントについてお話しいたします。サプライチェーンマネジメントとは、在庫を減らすために、ユーザーの望んでいることを把握して調達、生産、物流、流通、販売といった、各流れの中で、しっかり情報をつないで共有していくことです。ここでは、サプライヤーやメーカー、各事業者といった登場人物が、その情報を共有して連携し、その全体を最適化していくという流れになります。この連鎖の中で、AIを活用し得る領域について紹介していきます。今回は代表例として大きく2つの活用について紹介していきます。1つ目は需要予測の事例です。AIにより、高精度な生産、販売計画や発注の最適化を行うことで流通在庫を適正化し、サプライチェーン全体の効率化につなげると。もう1つは、カメラを使った画像認識の事例です。AIのカメラが人間の目の役割をして、倉庫や商品棚の在庫状況を認識したり、生鮮食品の鮮度を判別したり、あるいは、店頭での顧客の言動をトラッキングして、その商品づくりに生かすという取り組みを紹介していきます。

このコンテンツ・機能は有料会員限定です。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>
この記事をいいね!する
第1回 リテールAI検定試験対策講座1 流通を取り巻く環境とAI活用の重要性
第3回 リテールAI検定試験対策講座3 カテゴリーマネジメントへの活用

このセミナーの目次

リテールAI検定 試験対策講座
  • 全9回

リテールAI検定 試験対策講座

「リテールAI検定」試験対策の動画講座です。店舗内リコメンド、導線解析、棚割り改善など、リテール分野でどうAI活用を進めていけばよいかを学びます。検定を主催する一般社団法人リテールAI研究会が、検定の基礎部分の主要ポイントを動画で解説します。

あなたにお薦め

セミナー講師

リテールAI研究会

セミナー講師

ギフト
下のボタンを押すと発行されるURLを使えば
24時間、無料でこの記事が閲覧できます (詳細