広報の仕事を学ぶ 第3回/全4回

広報は「タダでできる宣伝」でよいのか? 広報の弱点を考える

広報は「タダでできる宣伝」でよいのか? 積極的に広報活動をする、しないの境界線はどこか? NECパーソナルコンピュータの広報部長、鈴木正義氏とDoen代表取締役の遠藤眞代氏が、広報活動の本質について、その弱点も含めて日経クロストレンド編集部と議論します。
再生時間:12分
広報は「タダでできる宣伝」でよいのか? 広報の弱点を考える

このコンテンツ・機能はセミナー・プラス会員限定です。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>
この記事をいいね!する
第2回 ネガポジ分析は意味がない? 広報のKPIとは何か
第4回 記者発表会で著作権NGの素材を誤って使用 どう対応するべきか

このセミナーの目次

広報の仕事を学ぶ
  • 全4回

広報の仕事を学ぶ

企業の広報はどういう広報・PR活動を展開していくべきなのか。Twitterやブログなど、誰もが情報を発信できるようになった今、それをどう進めればいいか不安や悩みを抱えている企業担当者も少なくない。そこで本動画セミナーでは、広報とPRのプロがメディアやSNSとの付き合い方について解説する。

あなたにお薦め

セミナー講師

鈴木 正義
遠藤 眞代

セミナー講師

【10/19開催 オンラインセミナー】

【10/19開催 オンラインセミナー】

星野リゾートから学ぶZ世代を顧客にする極意

【10/19開催 日経クロストレンド・カレッジ】

【10/19開催 日経クロストレンド・カレッジ】

有料会員は参加無料!星野リゾートから学ぶZ世代を顧客にする極意

【10/19開催 オンラインセミナー】

【10/19開催 オンラインセミナー】

星野リゾートから学ぶ、Z世代を顧客にする極意