一つの住まいにとどまらず、複数の行動拠点で暮らす「マルチハビテーション」。不動産や宿泊、ワークスタイル、シェアサービスに大きな影響を与え30兆円市場まで成長すると見込まれている。そのトレンドについて、専門家たちが解説します。