ワークマンがデータ活用で描く新業態戦略 第1回/全3回

ワークマンのヒットを生み出すデータ経営1

データ経営でヒット店舗や商品を生み出すワークマン。新業態に挑んだ同社はなぜ成功したのか。どういう方針、どんな体制で臨んだのか?その秘密を同社の専務取締役、土屋哲雄氏が解説します。
再生時間:12分
ワークマンのヒットを生み出すデータ経営1

*このテキストは講演での発言を、文字起こししたものです。理解する参考情報としてご覧ください。

小さな目標を言ったら必ずやる

 ワークマンの土屋と申します。今日のセッションは「“作業服のワークマン”から、“アウトドアウエアのワークマン”へ ワークマンがデータ活用で描く新業態戦略」ということで、今、ワークマンプラス。ちょうど私が着ているような、ワークにも使えて、一般客も買えるという製品の新業態戦略についてお話をしたいと思います。

 まず、会社の簡単な概要ですが、前期で930億円の売り上げ。前年比で114%の成長で、今期の目標、2020年3月期の目標が1035億円。ちょうど会社をやりまして39期目に入るんですが、39年かかって1000億円と。今後は業態、一般客向けのアウトドアが入りまして、たぶん次の1000億円は39年もかからず、かなり1桁の真ん中か前半か、けっこう行きそうな勢いでございます。ちなみに今期の第1四半期に、公表値でございますが、第1四半期の売り上げは前年比133%になっております。そんな会社でございます。

このコンテンツ・機能はセミナー・プラス会員限定です。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>
この記事をいいね!する
第2回 ワークマンのヒットを生み出すデータ経営2

Powered by リゾーム

このセミナーの目次

ワークマンがデータ活用で描く新業態戦略
  • 全3回

ワークマンがデータ活用で描く新業態戦略

個人向け作業服市場で圧倒的なシェアを持つワークマン。新業態を成功させるために「データ」で経営できる体制を作り、ヒットをつくりだした。その方針や体制はどういうものだったのか?その秘密を同社の専務取締役、土屋哲雄氏が解説します。

あなたにお薦め

セミナー講師

土屋 哲雄

セミナー講師

【日経クロストレンドアプリ版】

【日経クロストレンドアプリ版】

アプリ版では毎朝、今日の目玉記事をプッシュ通知します

【ギフト機能】友人・知人に有料記事をプレゼントできる

【ギフト機能】友人・知人に有料記事をプレゼントできる

ギフトボタンを押すと、無料で記事が読めるURLが発行できます

特集「LINEのマーケティング活用」新常識

特集「LINEのマーケティング活用」新常識

スタバ、東急ストアなど先進企業の事例からLINE活用の新常識を追う