動画セミナー イノベーション

エネルギー産業はMaaSでどう変わるのか(後編)

エネルギー産業は次世代モビリティ革命でどう変わっていくのか。後編では、分散型電源や非接触充電など、MaaSを社会実装していくために必要なポイントについて、中国など海外動向を含めて解説します。
エネルギー産業はMaaSでどう変わるのか(後編)
日高 洋祐
MaaS Tech Japan 代表取締役

【エネルギー産業はMaaSでどう変わるのか(後編)】

吉田:そのなかで充電器ってどれくらいあるのというと、今、71カ国で2万2千ぐらいついていまして、今一番ついているのは欧州、その次が日本、そして意外なことです、アメリカよりもアジアのほうがということになっています。普及の形態で言いますと、黄色い線のアジアが急激に伸びていることがわかりますし、アメリカは先ほど言いましたけど、テスラとか、フォルクスワーゲンが個社で引っ張っているもんですから、かなり計画的に継続的に進んでいます。

 日本はある程度、面的な普及が進んだので止まっていて、欧州が劇的な伸びを果たしているというところです。どんなところにっていうのをつけました。これで専用の充電所とか、モール、それからスーパーの駐車場、ディーラーさん、ガソリンスタンド、色んなところの写真がありますけど、この右上のこの写真、これが中国なんですけど、もう遠くて向こうがかすんじゃっているんですけど、50台ぐらいの充電器がありまして、これは全部、急速充電器で、そこに車が満杯になって列を作って充電を待っているという状況です。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>

Powered by リゾーム

あなたにお薦め

ヤフー・LINEの経営統合 関連記事まとめ
次のトレンドが分かる! 解説&まとめ
ヤフー・LINEの経営統合 関連記事まとめ
次のヒットの条件は? 日経トレンディと日経MJの編集長が登壇
お知らせ
次のヒットの条件は? 日経トレンディと日経MJの編集長が登壇

このセミナーの目次

Beyond MaaS エネルギー産業の未来
全2回
「脱炭素化」の流れの中で、長期的に再生可能エネルギーへのシフトが進むエネルギー産業。MaaSの世界とエネルギー業界の課題が重なり合う未来には、どんな新しいサービスが創造されるのか。その技術的課題とは何か。MaaS Tech Japan代表取締役の日高洋祐氏をモデレーターに迎え、国際環境経済研究所理事の竹内純子氏、CHAdeMO(チャデモ)協議会事務局長の吉田誠氏が解説します。
エネルギー産業はMaaSでどう変わるのか(前編)
  • 第1回
  • 2019.07.02
エネルギー産業はMaaSでどう変わるのか(前編)
エネルギー産業はMaaSでどう変わるのか(後編)
  • 第2回
  • 2019.07.05
エネルギー産業はMaaSでどう変わるのか(後編)

メルマガ登録はこちら

ギフト
有料記事をお知り合いにギフトできます(詳細
※有料会員限定