2019.06.28
9分
ミラノサローネ2019レポート
ミラノサローネとは何か 企業をアートで成長させるには(後編)
ミラノサローネとはどんなイベントなのか。出展企業には何をもたらすのか。後編では具体的にソニーやダイキンなど、出展した企業の事例について、日経BP総研デザイン・イノベーションセンター長の丸尾弘志が解説します。
備考 収録日:2019.05.24

【ミラノサローネとは何か 企業をアートで成長させるには(後編)】

 2019年なんですけれども、2019年はどうだったかというのもちょっとだけお話しさせてください。例えば、今回、ダイキン工業株式会社といろんな企業が出てきたんですが、例えばダイキンさんは、先ほど言ったnendoといったデザイン事務所と一緒にやったんですが。

 今回、ダイキンはこれから空気を、僕たちは空調設備を売る会社じゃなくて、この心地よい空気を売る会社なんですっていうことを、ずっと2、3年前から言われていて、そのために何か非常にいい空気を共有できる場っていうのを、こういうミラノサローネでつくっていきたいみたいな話をずっとされていました。

続きを読む

セミナー講師

  • 日経BP総研 デザイン・イノベーションセンター長
    1998年国際基督教大学卒。同年日経BP社に入社、日経システムプロバイダ記者、日経デザイン記者、2014年日経デザイン編集長を経て16年に現職。ブランディング、知的財産活用、デザインイノベーションにまつわる取材と調査研究を主に手掛ける。主な著書に『アップルのデザイン』『素材とデザインの教科書』など。2016年、デザインスタジオnendoとともに、ブランディング戦略を行う新事業「bondo」を立ち上げ

関連動画

2019.07.19
15分
ミラノサローネ2019レポート
ミラノサローネで注目を浴びた「育つLED」はどうつくられたのか
「LEDで育てて作る」という新しいものづくりのあり方を発明し、ミラノサローネで注目を浴びたTAKT PROJECT代表の吉…続き
2019.07.12
11分
ミラノサローネ2019レポート
装飾テープを世界展開 ニトムズに学ぶミラノサローネ活用法 
テープという日本の「素材」の魅力を、アートを活用しながら世界に展開していくという、新しいビジネスの形を模索するニトムズ。ミ…続き

小川 隆久
ニトムズ コンシューマ事業部門部長
2019.06.21
8分
ミラノサローネ2019レポート
ミラノサローネとは何か 企業をアートで成長させるには(前編)
年に一度、イタリアで開かれるデザインの祭典「ミラノサローネ」。ミラノサローネとはどんなイベントなのか。出展企業には何をもた…続き

丸尾 弘志
日経BP総研 デザイン・イノベーションセンター長