ミラノサローネ2019レポート 第2回/全4回

ミラノサローネとは何か 企業をアートで成長させるには(後編)

ミラノサローネとはどんなイベントなのか。出展企業には何をもたらすのか。後編では具体的にソニーやダイキンなど、出展した企業の事例について、日経BP総研デザイン・イノベーションセンター長の丸尾弘志が解説します。
再生時間:9分
ミラノサローネとは何か 企業をアートで成長させるには(後編)

【ミラノサローネとは何か 企業をアートで成長させるには(後編)】

 2019年なんですけれども、2019年はどうだったかというのもちょっとだけお話しさせてください。例えば、今回、ダイキン工業株式会社といろんな企業が出てきたんですが、例えばダイキンさんは、先ほど言ったnendoといったデザイン事務所と一緒にやったんですが。

 今回、ダイキンはこれから空気を、僕たちは空調設備を売る会社じゃなくて、この心地よい空気を売る会社なんですっていうことを、ずっと2、3年前から言われていて、そのために何か非常にいい空気を共有できる場っていうのを、こういうミラノサローネでつくっていきたいみたいな話をずっとされていました。

このコンテンツ・機能はセミナー・プラス会員限定です。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>
この記事をいいね!する
第1回 ミラノサローネとは何か 企業をアートで成長させるには(前編)
第3回 装飾テープを世界展開 ニトムズに学ぶミラノサローネ活用法 

Powered by リゾーム

このセミナーの目次

ミラノサローネ2019レポート
  • 全4回

ミラノサローネ2019レポート

2019年4月にイタリアで開催されたデザインの祭典「ミラノサローネ2019」。その最新報告と、デザイン業界で起こっている新しいビジネスの潮流について、日経BP総研デザイン・イノベーションセンター長の丸尾弘志や、ニトムズなど出展した企業のキーマンが解説します。

あなたにお薦め

セミナー講師

丸尾 弘志

セミナー講師