2019.06.21
8分
ミラノサローネ2019レポート
ミラノサローネとは何か 企業をアートで成長させるには(前編)
年に一度、イタリアで開かれるデザインの祭典「ミラノサローネ」。ミラノサローネとはどんなイベントなのか。出展企業には何をもたらすのか。日経デザインなどの取材を通じて長年ミラノサローネを見てきた、日経BP総研デザイン・イノベーションセンター長の丸尾弘志が解説します。
備考 収録日:2019.05.24

【ミラノサローネとは何か 企業をアートで成長させるには(前編)】

 皆さん、こんばんは。日経BP総研の日経デザイン・イノベーションセンターという部署の丸尾と申します。私は2001年ぐらいからずーっと2016年ぐらいまで日経デザインという雑誌にいまして、そのなかでそのミラノサローネなんかをずーっと見てきたりしていて、今年2019年のミラノサローネというのが、日本企業がものすごくいっぱい出てきた。

 結構今までにない、例年にない、日本企業がどんどん出ているような回だったかなと思うんですが。そういうところになぜ日本企業が出ているかなとか、そういうところをまずはちょっとお話ししたいなと思っているんですが。ちなみにミラノサローネっていうのは何か知っているっていう方、手をあげていただいてよろしいですか。

続きを読む

セミナー講師

  • 日経BP総研 デザイン・イノベーションセンター長
    1998年国際基督教大学卒。同年日経BP社に入社、日経システムプロバイダ記者、日経デザイン記者、2014年日経デザイン編集長を経て16年に現職。ブランディング、知的財産活用、デザインイノベーションにまつわる取材と調査研究を主に手掛ける。主な著書に『アップルのデザイン』『素材とデザインの教科書』など。2016年、デザインスタジオnendoとともに、ブランディング戦略を行う新事業「bondo」を立ち上げ

関連動画

2019.07.19
15分
ミラノサローネ2019レポート
ミラノサローネで注目を浴びた「育つLED」はどうつくられたのか
「LEDで育てて作る」という新しいものづくりのあり方を発明し、ミラノサローネで注目を浴びたTAKT PROJECT代表の吉…続き
2019.07.12
11分
ミラノサローネ2019レポート
装飾テープを世界展開 ニトムズに学ぶミラノサローネ活用法 
テープという日本の「素材」の魅力を、アートを活用しながら世界に展開していくという、新しいビジネスの形を模索するニトムズ。ミ…続き

小川 隆久
ニトムズ コンシューマ事業部門部長
2019.06.28
9分
ミラノサローネ2019レポート
ミラノサローネとは何か 企業をアートで成長させるには(後編)
ミラノサローネとはどんなイベントなのか。出展企業には何をもたらすのか。後編では具体的にソニーやダイキンなど、出展した企業の…続き

丸尾 弘志
日経BP総研 デザイン・イノベーションセンター長