2019.06.07
15分
サントリーのパッケージデザイン開発
サントリーのヒューマンセンタード・デザインを学ぶ(前編)
サントリーが優れたパッケージデザインを生み出し続けている理由は何か。インハウスデザイナーはどういう思想でデザインしているのか。サントリーコミュニケーションズ、デザイン部長の水口氏が、クラフトボスなど最近のヒット商品を事例に挙げながら解説します。
備考 収録日:2018.11.19

【サントリーのヒューマンセンタード・デザインを学ぶ(前編)】

 本日のテーマは、Culture Eats Strategy for Breakfastと、これはピーター・ドラッカーの、なんでもいいことを言うおじさんの言葉で、いろんな訳がありますが、文化は戦略に勝る、だから文化というものは、少々考えた戦術や戦略よりも勝ってしまうんだみたいな話をしていて、文化がなければ駄目だという話をするんですね。

 これは、いろんなところで言われていて、よく競争戦略などでもよく言われますが、普通、競争しているじゃないですか、仕事は。競争していると、そこから抜けるために、みんな、戦略を立てます。でも戦略の一番、いいのだけれども欠点、しょうがないのですが戦略はだいたいロジカルですね、みんな、わかりやすいから戦略になることで、わかりやすいというのは、社内でわかりやすいのはいいですが、競合にもわかりやすい。

続きを読む

セミナー講師

  • サントリーコミュニケーションズ デザイン部長

関連動画

2019.06.14
16分
サントリーのパッケージデザイン開発
サントリーのヒューマンセンタード・デザインを学ぶ(後編)
サントリーが優れたパッケージデザインを生み出し続けている理由は何か。後編では、そのデザイン文化をつくっているオフィス環境や…続き

水口 洋二
サントリーコミュニケーションズ デザイン部長