動画セミナー マーケ・消費 スキルアップ

サントリーのヒューマンセンタード・デザインを学ぶ(前編)

サントリーが優れたパッケージデザインを生み出し続けている理由は何か。インハウスデザイナーはどういう思想でデザインしているのか。サントリーコミュニケーションズ、デザイン部長の水口氏が、クラフトボスなど最近のヒット商品を事例に挙げながら解説します。
サントリーのヒューマンセンタード・デザインを学ぶ(前編)
水口 洋二
サントリーコミュニケーションズ デザイン部長

【サントリーのヒューマンセンタード・デザインを学ぶ(前編)】

 本日のテーマは、Culture Eats Strategy for Breakfastと、これはピーター・ドラッカーの、なんでもいいことを言うおじさんの言葉で、いろんな訳がありますが、文化は戦略に勝る、だから文化というものは、少々考えた戦術や戦略よりも勝ってしまうんだみたいな話をしていて、文化がなければ駄目だという話をするんですね。

 これは、いろんなところで言われていて、よく競争戦略などでもよく言われますが、普通、競争しているじゃないですか、仕事は。競争していると、そこから抜けるために、みんな、戦略を立てます。でも戦略の一番、いいのだけれども欠点、しょうがないのですが戦略はだいたいロジカルですね、みんな、わかりやすいから戦略になることで、わかりやすいというのは、社内でわかりやすいのはいいですが、競合にもわかりやすい。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>

Powered by リゾーム

あなたにお薦め

パワポで分かる「AI都市シアトル、米テクノロジー最前線」
仕事に使えるパワポまとめ「日経クロストレンド・スライド」
パワポで分かる「AI都市シアトル、米テクノロジー最前線」

このセミナーの目次

サントリーのパッケージデザイン開発
全2回
ペットボトルコーヒーの「クラストボス」など、さまざまなヒット商品を生み出すサントリー。そのパッケージデザインの考え方は?どういう企業文化がそれを生み出しているのか?サントリーコミュニケーションズ、デザイン部長の水口洋二氏が解説します。
サントリーのヒューマンセンタード・デザインを学ぶ(前編)
  • 第1回
  • 2019.06.07
サントリーのヒューマンセンタード・デザインを学ぶ(前編)
サントリーのヒューマンセンタード・デザインを学ぶ(後編)
  • 第2回
  • 2019.06.14
サントリーのヒューマンセンタード・デザインを学ぶ(後編)

メルマガ登録はこちら