2019.05.31
16分
モビリティ革命を起こす WILLERの挑戦
北海道「観光MaaS」と京都丹後鉄道「生活MaaS」(後編)
MaaSで新しい体験価値を生むためにはどうすればいいのか?地域のステークホルダーをうまく巻き込むには?後編では、モビリティサービスの先進企業のWILLERが実際に取り組んだ事例をもとに、MaaSが使われるための4つのポイントと2つのステップについて解説します。
備考 収録日:2019.01.31

【北海道「観光MaaS」と京都丹後鉄道「生活MaaS」(後編)】

 大事な観点が、使われるためには4つあるかなと考えています。1つ目が、今、公共交通がそれぞれ。駅からバスがつながっているところもあります。でもこれを別々のホームページで探すというのは至難の業ですよね、ということでいうと、予約する時点でこの交通の見える化ということがすごく重要じゃないかなと思っています。これがMaaSのまず1つ目の話だと思っています。

 これがあったときに、先ほどの観光地がばばっと出たときに、その軸の鉄道なり、基軸交通はべつに鉄道じゃなくてもいいんですけど、基軸交通と枝葉となる交通が、これで全部行けるよねということが見える化できること。これが1つ目に、どうやって予約の時点でそれを分からせるようなUX・UIをつくるかというのが、1つ目の課題だと思っています。

続きを読む

セミナー講師

  • WILLER 代表取締役
    移動を主体とした社会貢献度の高いビジネスを始めるため1994年に起業。快適でローコストな高速バスネットワークや鉄道、レストランバスなど、移動に新たな価値を創造し続けている。2018年にはシンガポールにWILLERS PTE. LTDを設立。アセアンや日本での自動運転やライドシェアサービスなど、IT・マーケティングを活用しながら、次世代モビリティを意識したモビリティサービスの進化に挑戦している。国内では、北海道での「観光MaaS」や京都丹後鉄道の「生活MaaS」にも取り組んでいる

関連動画

2019.05.28
15分
モビリティ革命を起こす WILLERの挑戦
北海道「観光MaaS」と京都丹後鉄道「生活MaaS」(前編)
モビリティ革命で社会課題を解決する取り組みを推進する先進企業WILLER。MaaSがもたらすインパクトと、日本に根付かせる…続き

村瀨 茂高
WILLER 代表取締役