動画セミナー イノベーション スキルアップ

顧客の要望と社会課題を解決するMaaS(後編)

WILLERが進めているMaaS構想について、後編では「ライドヘイリング」や「自動運転」などの先進的な取り組みやその考え方を、代表取締役の村瀨茂高氏が語ります。
顧客の要望と社会課題を解決するMaaS(後編)
村瀨 茂高
WILLER 代表取締役

 これは昨年やったモデルで、昨年9月10月に、先ほど言ったように、まっすぐ鉄道があるところの沿線にあるところを、いろんな交通手段で結ぼうと9月10月に実証実験をやりました。今年2月3月もやりました。ここにはアプリがなくて、アナログ的なウェブサービスを一生懸命、アナログ的ではないですね、ウェブ上で動くものを一生懸命つなぎながらMaaSもどき的な実証実験をやったのがここの事例になっています。

 これを基に、今回つくったのがアプリで動くサービスになっています。名前は、もちろん1個1個検索して予約することもできますが、サブスクリプションという言い方より、パス的なものもつくっています。北海道ネイチャーパスというパスをつくっていまして、JR釧網本線の3日間乗り放題券と下にあるような路線バス乗車券を組み合わせて3日間で8900円、4日で9900円といったパスをつくっています。右側のようなモデルコースをずっと行っていただくと、実は1万3400円かかるところが、このパスでいくと9900円で行ける。こんなかたちで、今回リリースさせていただきます。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>

Powered by リゾーム

あなたにお薦め

【セールステック情報募集】みんなでつくるカオスマップ最新版
コメント募集中!
【セールステック情報募集】みんなでつくるカオスマップ最新版
パワポまとめ「5分で分かるeスポーツマーケティング」
仕事に使えるパワポまとめ「日経クロストレンド・スライド」
パワポまとめ「5分で分かるeスポーツマーケティング」

このセミナーの目次

モビリティー革命を起こす WILLERの挑戦
全4回
ASEANや日本での自動運転やライドシェアサービスなど、次世代を意識したモビリティーサービスの進化に挑戦しているWILLER。北海道での「観光MaaS」や京都丹後鉄道の「生活MaaS」などの同社の取り組み事例を交えながら、MaaSで世の中がどう変わるのか、日本で根付かせるにはどうすればよいのかについて、代表取締役の村瀨茂高氏が解説します。
北海道「観光MaaS」と京都丹後鉄道「生活MaaS」(前編)
  • 第1回
  • 2019.05.28
北海道「観光MaaS」と京都丹後鉄道「生活MaaS」(前編)
北海道「観光MaaS」と京都丹後鉄道「生活MaaS」(後編)
  • 第2回
  • 2019.05.31
北海道「観光MaaS」と京都丹後鉄道「生活MaaS」(後編)
顧客の要望と社会課題を解決するMaaS(前編)
  • 第3回
  • 2019.08.23
顧客の要望と社会課題を解決するMaaS(前編)
顧客の要望と社会課題を解決するMaaS(後編)
  • 第4回
  • 2019.09.06
顧客の要望と社会課題を解決するMaaS(後編)

メルマガ登録はこちら

有料記事を贈る
有料記事をお知り合いにギフトできます(詳細
※有料会員限定