ディープラーニングG検定 対策講座 第6回/全8回

ディープラーニングG検定対策6 ディープラーニングの手法

日本ディープラーニング協会G検定 試験対策講座の第6回目は、ディープラーニングの手法について学びます。正則化、ドロップアウト、畳み込み、プーリングなど具体的な手法について、試験対策のポイントを含めて解説します。
再生時間:30分
ディープラーニングG検定対策6 ディープラーニングの手法

【ディープラーニングG検定対策6 ディープラーニングの手法】

 それでは日本ディープラーニング協会G検定対策講座、第6回目を始めていきたいと思います。よろしくお願いいたします。

 第6回目はディープラーニングの手法について説明していきたいと思います。前回ディープラーニングというのは隠れ層を増やしたニューラルネットワークですよと言いましたけども、ただ隠れ層を増やすだけではよい学習精度が得られないということをお伝えしました。なので、よい精度を得るためにいろんなテクニックが導入されるということをお伝えしましたので、その具体的なテクニックについて、今日は紹介していきたいと思います。

 ただ単純に隠れ層を増やす。すなわち深層にするうえでは大きく2つ問題があります。この2つの問題というのが精度の向上を妨げるものなんですね。具体的に2つ。1つ目が勾配消失問題と勾配爆発問題というもの。もう1つがオーバーフィッティング問題というものになります。

このコンテンツ・機能は有料会員限定です。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>
この記事をいいね!する
第5回 ディープラーニングG検定対策5 ディープラーニングの概要
第7回 ディープラーニングG検定対策7 CNNとRNNを理解する

Powered by リゾーム

このセミナーの目次

ディープラーニングG検定 対策講座
  • 全8回

ディープラーニングG検定 対策講座

日本ディープラーニング協会が実施する、ディープラーニングを事業に活かす人のための「G検定(ジェネラリスト検定)」の試験対策講座です。同検定のシラバスの作成者のひとりであり、GunosyやREADYFORの創業メンバーとしてエンジニアを経験してきた業界の第一人者、巣籠悠輔氏が全8回で講義します。合格するために押さえるべきポイントを学びます。(第1回はどなたでも閲覧可能です)

あなたにお薦め

セミナー講師

巣籠 悠輔

セミナー講師

ギフト
下のボタンを押すと発行されるURLを使えば
24時間、無料でこの記事が閲覧できます (詳細