全2回
競争が激しい飲料業界で「生茶」の大々的なリニューアルを成功させ、ネット専用商品「moogy」を発売するなど、意欲的な取り組みを続けているキリンビバレッジ。同社のパッケージデザインに対する基本的な考え方や工夫ついて、「生茶」のデザイン開発を例に解説します。
  • 第1回
    2019.03.29
    生茶のシェアを回復させた キリンのパッケージデザインの創り方(前編)
    一時期は危機的状況までシェアが下がった「生茶」を、大々的なパッケージデザインのリニューアルでシェア回復に導いたキリンビバレッジ。そのデザイン開発の指揮を執った同社マーケティング本部の水上寛子氏が、具体的にデザイン開発の考え方、手法について解説します。
    16分
  • 第2回
    2019.04.05
    生茶のシェアを回復させた キリンのパッケージデザインの創り方(後編)
    リニューアルで驚異的な大復活を遂げた生茶。そのデザインコンセプトをどう固めていったのか。難易度の高いパッケージデザインをどう社内調整して実現させたのか?後編ではいよいよその成功のポイントについて解説します。
    15分

関連特集・連載

eスポーツのマーケティング活用を学ぶ
全3回
ワークマンがデータ活用で描く新業態戦略
全3回
モビリティー革命を起こすWILLERの挑戦
全4回
マーケターに必要なスキルを学ぶ
全2回