2018.06.01
57分
デジタル時代のマーケティング手法
クレディセゾンのデジタルマーケティング改革
2600万人の会員基盤を持つ、クレジットカード企業クレディセゾン。彼らはいかにしてオープンイノベーションを推進し、社内外データを活用する基盤を創り上げたのか?そのデジタルマーケティング改革について、仕掛け人のネット事業部長、磯部泰之氏が解説します。
備考 収録日:2017.11.15

セミナー講師

  • クレディセゾン ネット事業部長 兼 デジタルマーケティング部長
    1992年クレディセゾン入社。営業企画部などカード事業における営業企画の立案やDBマーケティング推進業務に従事。その後、銀行・百貨店・コンビニ等合弁会社へ出向し、異業種での事業運営に参画。幅広い実務経験を経て、2011年よりネット事業部にてデータビジネス事業企画等を担当し、クレジットデータを活用したCLOやDMPの導入を牽引するなど、ネット領域での新規事業開発を推進。2017年より、ネット事業部長として4部門を統括(現職)。また、コーポレートベンチャーキャピタル(株)セゾン・ベンチャーズ取締役、セゾン投信(株)取締役、(株)オムニバス取締役も兼任

関連動画

2018.06.01
43分
デジタル時代のマーケティング手法
復活から再成長へ、マクドナルドが取り組んだこと
ダウンロード数が3000万を超える公式アプリに加え、オウンドメディアでも来店や購入意欲を高めている日本マクドナルド。デジタ…続き

足立 光
日本マクドナルド 上席執行役員 マーケティング本部長
2018.06.01
7分
デジタル時代のマーケティング手法
カルビー新規事業担当が仕掛ける新しい「場」づくり
JR東日本でエキナカ事業を立上げた後、カルビーの上級執行役員に転身。アンテナショップ「カルビープラス」や日本の流通菓子を集…続き

鎌田 由美子
ONE・GLOCAL代表取締役