2018.06.01
43分
デジタル時代のマーケティング手法
復活から再成長へ、マクドナルドが取り組んだこと
ダウンロード数が3000万を超える公式アプリに加え、オウンドメディアでも来店や購入意欲を高めている日本マクドナルド。デジタルマーケティングとリアル店舗を効果的に組み合わせるその手法、KPIは何か?復活を遂げた同社のデジタル活用のポイントを、マーケティング本部長の足立光氏が解説します。
備考 収録日:2017.09.04

セミナー講師

  • 日本マクドナルド 上席執行役員 マーケティング本部長
    P&Gジャパン、戦略コンサルティングファームを経て、独ヘンケルグループに属するシュワルツコフ ヘンケルに転身。2005年同社社長に就任。2007年から同じヘンケルグループのシュワルツコフ プロフェッショナル事業の日本代表を兼任し、2011年からはヘンケルグループのコスメティック事業の北東・東南アジア全体を統括。ワールド執行役員国際本部長を経て、2015年より現職。 一橋大学商学部卒業

関連動画

2018.06.01
57分
デジタル時代のマーケティング手法
クレディセゾンのデジタルマーケティング改革
2600万人の会員基盤を持つ、クレジットカード企業クレディセゾン。彼らはいかにしてオープンイノベーションを推進し、社内外デ…続き

磯部 泰之
クレディセゾン ネット事業部長 兼 デジタルマーケティング部長
2018.06.01
7分
デジタル時代のマーケティング手法
カルビー新規事業担当が仕掛ける新しい「場」づくり
JR東日本でエキナカ事業を立上げた後、カルビーの上級執行役員に転身。アンテナショップ「カルビープラス」や日本の流通菓子を集…続き

鎌田 由美子
ONE・GLOCAL代表取締役