定店観測しているローソンTOC大崎店では2019年3月、春らしい和菓子の売れ行きが伸びた。総菜コーナーでは「ロカボ」シリーズの食品に動きが見られ、新生活に向け、食習慣を改善したいというニーズをつかんだようだ。

店舗概要
「ローソンTOC大崎店」
JR大崎駅直結の複合施設「大崎ニュー・シティ」内のオフィスビルに併設。ビジネスパーソンの利用も多い
JR大崎駅直結の複合施設「大崎ニュー・シティ」内のオフィスビルに併設。ビジネスパーソンの利用も多い
定店観測日 19年3月5日(火) *情報は当時のもの

 3月に売れ筋となったのは、季節限定の和菓子「桜餅(こしあん)」(税込み150円)。老舗パン店「八天堂」とコラボした「Uchi Café×八天堂 かすたーど苺ロールケーキ」(税込み210円)も幅広い層に受けたという。

 ローソンでは例年、この時期に桜やイチゴなど春の食材を使用した商品が出そろい、特に「桜餅など和菓子の売り上げは3月がトップ」(ローソンTOC大崎店店長の越智かほる子氏)だという。

 ローソンと八天堂のコラボは18年3月、18年8月に続き3回目。従来の「カスタードくりーむロールケーキ」を少しアレンジし、甘酸っぱいイチゴソースをトッピングした。春を感じられるスイーツが順当に支持された格好だ。

スイーツ棚は桜やイチゴなど春の商品でピンクに染まった。通常は洋菓子が人気だが、3月は和菓子のニーズが拡大する
スイーツ棚は桜やイチゴなど春の商品でピンクに染まった。通常は洋菓子が人気だが、3月は和菓子のニーズが拡大する
「Uchi Café×八天堂 かすたーど苺ロールケーキ」(税込み210円)。老舗のパン屋「八天堂」で人気の、カスタードとイチゴのクリームパンをイメージしたロールケーキ
「Uchi Café×八天堂 かすたーど苺ロールケーキ」(税込み210円)。老舗のパン屋「八天堂」で人気の、カスタードとイチゴのクリームパンをイメージしたロールケーキ
「桜餅(こしあん)」(税込み150円)。春の和菓子として例年3月にチルドのスイーツ棚で販売される
「桜餅(こしあん)」(税込み150円)。春の和菓子として例年3月にチルドのスイーツ棚で販売される
有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>