もはや日本人の生活には欠かせない存在、コンビニエンスストア。日々、仮説と検証が繰り返され、コンビニの棚に並ぶ商品は常に変化し続けている。どんな商品が売れていて、どのジャンルが“イチ押し”なのか。本誌はファミリーマートとローソンの店舗を定店観測。進化を続けるコンビニの棚からヒット商品の芽を見つけ出していく。
  • 2019.04.23
ローソン、春は和菓子が好調 新生活でロカボ食品にヒットの兆し
定店観測しているローソンTOC大崎店では2019年3月、春らしい和菓子の売れ行きが伸びた。総菜コーナーでは「ロカボ」シリーズの食品に動きが見られ、新生活に向け、食習慣を改善したいというニーズをつかんだようだ。
  • 2019.04.17
SNS映えするファミマ限定アイス カスタマイズ自在で新味も快走
「SNS映えするアイス」として人気のファミリーマート限定商品「たべる牧場ミルク」に、新顔が登場。冷凍フルーツや菓子などを“パフェ風”に盛り付ける自己流のアレンジが広がり、新定番の座を射止めた。約6日で姿を消した“幻のデザートドリンク”も復活し、売り場をにぎわしている。
  • 2019.03.11
花粉対策商品が早くも盛況 マスクは「コスパ」「機能性」で人気
花粉の話題がお茶の間に上り始める前から、ファミリーマートは花粉対策商品を充実させている。一方、定番化したサラダチキンは、「カラムーチョ」味が登場したり、おにぎりの具材に“変身”したりと、消費者を飽きさせない「変種」が相次いで姿を現している。
  • 2019.03.08
ローソン2月に「冷やし中華始めました」 真冬でも売れ行き好調
定点観測店のローソンTOC大崎店では、毎日麺類コーナーの棚展開が変わる。理由は、寒暖差による人気商品の変化だ。真冬でも気温が上がる日には、「冷やし麺」の需要が突発的に上昇。2019年2月後半には、夏の定番商品である冷やし中華をいち早く投入して、棚の充実を図った。
  • 2019.02.18
ランチパックとリポD、ロングセラーがトレンド取り入れ復権
ファミリーマートで人気を集めているのはロングセラーブランドだ。山崎製パンはハバネロスナックでおなじみの東ハトとコラボし、ファミマ限定「ランチパック」に激辛ブームを取り入れた。大正製薬は2019年開催のラグビーW杯に合わせ「リポビタンD」の限定ボトルを発売。「古くて新しい」魅力で、売り上げ増につなげた。
  • 2019.02.12
シリーズ化でヒット連発 1700万個売れた“悪魔”の快進撃
発売後3カ月で1700万個売れた「悪魔のおにぎり」が刷新。“悪魔”はシリーズ化し、焼きうどんやパンなどヒット商品を連発している。節分シーズンに先駆け投入した「ミニ恵方巻き」は、おにぎりに代わる昼食需要を捉えた。パッケージのQRコードから、恵方巻きの予約を受け付けるデジタルマーケティングも展開した。
  • 2019.01.09
「冷めてもおいしい」500mlホット飲料が続々登場
ファミリーマートで大きな変化が見られるのが、ホットドリンクの棚だ。500ml前後と大容量の商品が続々登場している。背景には“ちびだら飲み”が定着したことと、消費者のコスパ意識の高まりがある。
  • 2019.01.04
ブランパンが大人気 売り上げは前年比で10%増
本連載で定点観測しているローソンTOC大崎店の直近で最も大きなニュースは、パンの棚が大きく刷新されて、ブランパンシリーズが充実したことだ。売り上げは前年比で10%増と、その勢いはとどまるところを知らない。
  • 2018.11.27
菓子パンは「点」ではなく「面」で“選びたい欲”を刺激
気温が下がり、パンの需要が高まる10月。パンコーナーではコッペパンとコロネが幅を利かせている。商品をシリーズ化し、並べて陳列することでジャンル全体を強化。商品を「点」ではなく「面」で見せ、消費者に強くアピールする戦略に踏み切っている。
  • 2018.11.26
昼食市場が劇的変化 レンジアップ惣菜と冷食が大健闘
昼食市場に異変が起こっている。弁当やおにぎりに加え、“レンチン”だけで出来たて感を演出する「レンジアップ惣菜」が人気を集めている。また、割高と思われていたコンビニの冷凍食品に手ごろな価格帯が登場したことで2倍以上の売れ行きを見せているという。ローソンの注目どころは、ランチにも適した食品系のヒットだ。

関連特集・連載

Japan Expo、コンテンツ海外展開の今
本田哲也のパーセプションチェンジ
全5回
【PR】パソコンが育む子どもの可能性
街のマーケティング力ランキング
全5回