消費動向や技術トレンドを読む上で注目の発表会や、業界で話題のトピックをいち早くカバーしていく。
  • 2019.07.18
【速報】複数企業で社用車をシェア モネの相乗り新サービス
ソフトバンクやトヨタ自動車が出資するモネ・テクノロジーズは、複数の企業で社用車を共同利用するサービスの実証実験を2019年8月1日から都内で始める。移動時間を短縮、有効活用できるようにすることで、働き方改革につなげる狙い。その中身は?
  • 2019.07.18
在庫をアプリで確認 ナイキ、日本でもデジタルと店舗の融合加速
ナイキは2019年7月12日、東京・原宿の旗艦店「NIKE HARAJUKU」をリニューアルオープンした。1階をすべて女性向け製品売り場としたのが特徴で、試着室を拡充し、スニーカーなどをカスタマイズできる設備も用意。アプリで在庫確認や取り置きができる仕組みを用意するなど、デジタルと実店舗の融合も進める。
  • 2019.07.18
JR東海が引退したての新幹線車両をいち早く博物館に展示するワケ
博物館といえば、古い資料を集めて展示しているもの――。そんなイメージを覆す取り組みをしているのが、名古屋市にある「リニア・鉄道館」だ。2019年7月から東海道新幹線で活躍中の「N700系」の実物をいち早く公開。夏休みの集客の目玉とする狙いだ。
  • 2019.07.17
31年に大阪「なにわ筋線」開業「未来消費カレンダー」新着情報
日経クロストレンド「未来消費カレンダー」は、将来話題となりそうな新製品、新施設、商戦・イベントなどの予定を一覧できるサービスだ。新着情報を毎週金曜日に更新している。2031年春「なにわ筋線『北梅田~JR難波・南海新今宮』間が開業」など26件の情報を追加した。
  • 2019.07.17
スノーピークがグランピングの最高峰ブランド 第1弾は八方尾根
アウトドアメーカーのスノーピークは、グランピングの最高峰ブランド「FIELD SUITE」を発表。八方尾根開発(長野県北安曇郡)と組んで、白馬・八方尾根に同ブランド初の常設宿泊施設もオープンした。壮大な自然と高級リゾートホテル並みのサービスで、同社の体験事業を加速する。
  • 2019.07.17
英語スピーキング力をAIが評価 恵学社が導入
マンツーマン英語教室などを運営する恵学社(京都市)は2019年7月4日、アイード(東京・品川)の多次元音声評価技術を利用した英語スピーキング力評価ツールを導入した。狙いは同社の講師による採点の負担軽減と評価の均質化。この評価ツールを利用することで受講者の学習効率も向上するという。
  • 2019.07.17
日本茶専門カフェに「伊右衛門」の名前をつけた理由
2019年7月3日、東京・渋谷の商業施設「渋谷ヒカリエ」7階に開業したカフェ「伊右衛門サロン」。その名の通り、サントリーの緑茶「伊右衛門」を看板にした飲食店だ。日本茶をテーマにしたカフェにペットボトル飲料のブランド名をつけた理由とは?
  • 2019.07.16
花王リーゼ 潜在顧客をゲーム感覚で誘う、販促アプリにAI活用
まだ見ぬ私に出会える。スマホで顔写真を撮って入力すると、最も似合うヘアスタイルが自分の顔と合わさった合成画像で表示される。花王の独自開発によるAIを搭載した、そんなアプリが登場した。パーソナライズな提案で「きれい」への欲求をかき立て、最後にヘアケア商品情報にひもづけるのだ。
  • 2019.07.16
企業も注目 インスタグラム人気の立役者「ストーリーズ」とは
「インスタ映え」が流行語になってから2年経過したが、Instagram(インスタ)人気は衰え知らず。移り変わりの速いSNSの世界で、Instagram人気を維持した立役者が「ストーリーズ」だ。24時間で消えてしまう投稿にどんな魅力があるのか、ビジネス活用の利点はどこか、解説する。
  • 2019.07.16
三菱地所の新事業「Medicha」 マインドフルネスを新たなビジネスに
2019年6月に東京・南青山にオープンした「Medicha」(メディーチャ)は、メディテーション(瞑想=めいそう)を通じてストレス解消や集中力向上などができる場を提供する店だ。運営するMedichaは三菱地所の100%出資子会社。三菱地所はなぜこの事業を始めたのか。

関連特集・連載

定住旅行家ERIKOの地球トレンド
タレントパワーランキング2019
全11回
女性雀士が挑む! インスタフォロワー1万人への道
【PR】ヨーグルトで尿酸値の上昇を抑える