Hot Topics
消費動向や技術トレンドを読む上で注目の発表会や、業界で話題のトピックをいち早くカバーしていく。
  • 星野リゾートがハワイ進出 データ収集し、北米展開を目指す
    2019.10.16
    星野リゾートがハワイ進出 データ収集し、北米展開を目指す
    国内外39カ所で宿泊施設を運営する星野リゾート(長野県軽井沢町)。2019年10月9日に行われた定例会見で年明けのハワイ進出を発表した。以前からこの地で営業していたブティックホテルの運営を引き継ぎ、「星野リゾート サーフジャック ハワイ」として20年1月5日に開業する。
  • 2020年末「プレイステーション 5」発売「未来消費カレンダー」新着情報
    2019.10.15
    2020年末「プレイステーション 5」発売「未来消費カレンダー」新着情報
    日経クロストレンド「未来消費カレンダー」は、将来話題となりそうな新製品、新施設、商戦・イベントなどの予定を一覧できるサービスだ。新着情報を毎週金曜日に更新している。2020年末「SIE、次世代ゲーム機『プレイステーション 5』を発売」など20件の情報を追加した。
  • 新「紅茶花伝」人気で9月の紅茶飲料58.3%増 自宅でタピ活!?
    2019.10.15
    新「紅茶花伝」人気で9月の紅茶飲料58.3%増 自宅でタピ活!?
    紅茶飲料カテゴリーの2019年9月の売り上げは前年比58.3%増と好調だった。これをリードしたのが、1995年の発売以来初の全面リニューアルで9月2日に発売された「紅茶花伝 ロイヤルミルクティー」。タピオカミルクティー専門店の行列はピークを過ぎても、自宅で“タピる”ためのミルクティーは根強いニーズがありそうだ。
  • 夢を買っていた時代からの脱却 筋肉体操がこれほど響くワケ
    2019.10.11
    夢を買っていた時代からの脱却 筋肉体操がこれほど響くワケ
    「筋肉は裏切らない」――このフレーズ、どこかで聞いたことはないだろうか。実はこれ、筋骨隆々の男性たちがただひたすら筋トレするNHKの番組「みんなで筋肉体操」に登場する講師・谷本道哉氏の決めぜりふだ。世は筋トレブーム。キーフレーズの主に、なぜ今“筋肉”が注目されているのか理由を聞いた。
  • どこでもカフェに! 「Suica対応マシン」でネスレが大攻勢
    2019.10.10
    どこでもカフェに! 「Suica対応マシン」でネスレが大攻勢
    2019年10月8日、ネスレ日本がコーヒーマシンの新モデルを発表した。レンタル専用のマシンは本体正面にタブレットを設置し、交通系ICカードなどのキャッシュレス決済に対応。オフィスの他、非飲食業での利用拡大を狙う。
  • 1日800個売る高級食パン店 「銀座に志かわ」急成長の秘密
    2019.10.10
    1日800個売る高級食パン店 「銀座に志かわ」急成長の秘密
    盛り上がりを見せている高級食パンブーム。街を歩くと店の前に焼き上がりを待つ客の列を見かけることも多くなった。注目を集める高級食パン市場で、後発ながら店舗数を増やしている「銀座に志かわ」。同店の店舗戦略を分析し、急成長の秘密を探る。
  • 公営バス時代より「乗客300%アップ」 米ヴィアCEOが語る移動革命
    2019.10.10
    公営バス時代より「乗客300%アップ」 米ヴィアCEOが語る移動革命
    同じ方向に行く複数の乗客をマッチングし、最適なルートで複数の目的地まで送るオンデマンドの乗り合いサービス。この分野で世界のトップランナーと言えるのが、米ヴィア・トランスポーテーションだ。ヴィアがもたらす移動サービス革命の効果とは。
  • キャッシュレス化を促進する三井住友の新決済プラットフォーム
    2019.10.09
    キャッシュレス化を促進する三井住友の新決済プラットフォーム
    2019年10月2日、三井住友カードはキャッシュレス決済の新プラットフォーム「stera」を発表。同事業で使用する決済端末「stera terminal」を公開した。新端末は、1台でクレジットカードや電子マネー、QRコードなど幅広い支払い方法に対応。事業者の置き換え需要を狙う。
  • 表参道に初上陸 TSUTAYA社長もはまった抽出台湾茶の実力
    2019.10.09
    表参道に初上陸 TSUTAYA社長もはまった抽出台湾茶の実力
    2019年に一大ブームを巻き起こし勢いが続くタピオカミルクティーをはじめ、話題のチーズティーなど台湾発祥のティー専門店が人気を集めている。19年9月21日には、世界6カ国で13店舗を展開する台湾茶ブランド「COMEBUYTEA(カムバイティー)」の日本1号店が東京・表参道にオープンした。
  • 「飲食サブスク」提供の狙いは? 小田急MaaS「エモット」始動
    2019.10.08
    「飲食サブスク」提供の狙いは? 小田急MaaS「エモット」始動
    小田急電鉄は、2019年10月末からMaaSアプリ「EMot(エモット)」を提供し、新百合ヶ丘駅周辺エリア、箱根エリアを舞台に実証実験を始める。経路検索や周遊デジタルパスの発行といった“本流”の機能に加え、1日1回指定メニューを注文できる「飲食サブスク」の仕組みも取り込む。その中身は?
  • 「象印食堂」開業半年で5万人集客 高級炊飯ジャーのご飯が主役
    2019.10.08
    「象印食堂」開業半年で5万人集客 高級炊飯ジャーのご飯が主役
    大阪・難波に、開店と同時に満席になり、行列が絶えない和食レストランがある。「象印食堂」だ。象印マホービンが高級炊飯ジャーのプロモーションのために出店。開業半年で5万人以上のお客を集め、人気は今も衰えない。
  • 1.4億個売れたグリップ 広告効果は「スーパーボウル以上」 
    2019.10.08
    1.4億個売れたグリップ 広告効果は「スーパーボウル以上」 
    「POPSOCKETS(ポップソケッツ)」は、世界で1億4000万個以上を売り上げているスマートフォン用グリップ。製品の実用性はもちろんだが、ここまで売れたのは有名人の口コミ、SNS効果など、さまざまな要因があったからだ。開発者のデイビッド・バーネット氏に大ヒットの理由を聞いた。
  • システム手帳型のホワイトボード、クラウドファンディングで発売
    2019.10.07
    システム手帳型のホワイトボード、クラウドファンディングで発売
    バタフライボード(横浜市)は2019年9月12日、「ノーツ・バイ・バタフライボード」と呼ぶ「バタフライボード」シリーズの新製品を開発し、 クラウドファンディングの「Makuake」で12月13日まで先行販売すると発表した。新しい文具として注目を集めそうだ。
  • 23年、ファイターズ新球場開業 「未来消費カレンダー」新着情報
    2019.10.07
    23年、ファイターズ新球場開業 「未来消費カレンダー」新着情報
    日経クロストレンド「未来消費カレンダー」は、将来話題となりそうな新製品、新施設、商戦・イベントなどの予定を一覧できるサービスだ。新着情報を毎週金曜日に更新している。2023年「ファイターズ スポーツ&エンターテイメント、北海道に新球場を開業」など13件の情報を追加した。
  • 星野リゾートの新ホテルは、土浦で「旅が面倒臭い若者」を狙う
    2019.10.07
    星野リゾートの新ホテルは、土浦で「旅が面倒臭い若者」を狙う
    星野リゾート(長野県軽井沢町)が運営するホテルブランド「BEB(ベブ)」が2020年3月19日、茨城・土浦に開業する。なぜリゾートでも都市部でもない土浦にホテルを開業するのか。
  • 「イケメン観察」企画も登場 進化系のライブ配信アプリ
    2019.10.04
    「イケメン観察」企画も登場 進化系のライブ配信アプリ
    ライブ配信に出演する男性タレントにリアルタイムで指示を出し、その行動をスマホで観察する――。こんな斬新なライブ配信企画が進行中だ。舞台は、2019年10月2日にリリースされたイベント参加型ライブ配信アプリ「LIVEPARK(ライブパーク)」。既存のライブ配信サービスとの違いとは?
  • ブシロードが老舗劇団と提携 新たなコンテンツ開拓を目指す
    2019.10.04
    ブシロードが老舗劇団と提携 新たなコンテンツ開拓を目指す
    ブシロードは2019年9月30日、劇団飛行船(川崎市)との資本業務提携を発表した。半世紀以上の歴史を誇るマスクプレイミュージカルの老舗劇団とのコラボレーションで、ブシロードは舞台発のIP(キャラクターなどの知的財産)をはじめとする、新たな表現方法の創造に着手する。
  • 伊勢丹新宿店、化粧品売り場を刷新 時短ニーズに応えた接客へ
    2019.10.03
    伊勢丹新宿店、化粧品売り場を刷新 時短ニーズに応えた接客へ
    伊勢丹新宿店の化粧品売り場が刷新。面積を拡大するとともに、主要ブランドに「クイックカウンター」を新設して急ぎの客に対応する。丁寧な接客とカウンセリングが売りの百貨店が、時短ニーズに対応する理由とは。
  • 集客5割増の瀬戸内国際芸術祭 「3つの特異点」で鑑賞者を魅了
    2019.10.03
    集客5割増の瀬戸内国際芸術祭 「3つの特異点」で鑑賞者を魅了
    瀬戸内海の12の島々と香川県、岡山県にまたがって行われる瀬戸内国際芸術祭が2019年で4回目を迎えた。2010年から始まったこの芸術祭が、国内外問わず人気を集めている。今回の春会期の来場者数は、前回から5割増しの約39万人[注1]に達した。地方の芸術祭の人気の裏に、人々の価値観の変化を見た。
  • 口紅もOK 「中古」でもかまわない若い女性が増えている
    2019.10.01
    口紅もOK 「中古」でもかまわない若い女性が増えている
    「若者のクルマ離れ」など、若い世代は高価な物を所有しなくなっているといわれている。取材で会う10代女性も、新品を手にする喜びより中古品を含めた賢い消費に目が向いている人が増えてきた。スマホを駆使して節約する若い世代の消費行動を分析する。

関連特集・連載

創り人・小林亜星 昭和CM音楽の魁
創り人・小林亜星 昭和CM音楽の魁
全4回
タレント「SNSパワー」ランキング2019
タレント「SNSパワー」ランキング2019
全6回
【PR】Tokyo Midtown DESIGN TOUCH
【PR】Tokyo Midtown DESIGN TOUCH
「誠品生活」すごい店づくりの裏側
「誠品生活」すごい店づくりの裏側
全3回