Hot Topics

Hot Topics

消費動向や技術トレンドを読む上で注目の発表会や、業界で話題のトピックをいち早くカバーしていく。
  • デサントの捕手用ユニホーム技術で人気 快適に座れるパンツ
    2019.12.06
    デサントの捕手用ユニホーム技術で人気 快適に座れるパンツ
    ファクトリエが2019年10月に発売した「“座る”を快適にするパンツ」。野球のユニホームの技術を応用することで着用時のストレスを減らし、発送まで数カ月待ちになる人気を集めている。ファクトリエを運営するライフスタイルアクセント代表取締役 山田敏夫氏に人気の理由を聞いた。
  • 東急プラザ渋谷が開業 大人狙いの店舗がずらり、和食も充実
    2019.12.06
    東急プラザ渋谷が開業 大人狙いの店舗がずらり、和食も充実
    東京・渋谷駅西口に2019年12月5日、複合商業施設「東急プラザ渋谷」が開業した。近隣住民と40代以上を狙う戦略で集められたテナントの詳細を紹介する。
  • インスタ「いいね!数」非表示でどうなる 企業には痛手
    2019.12.05
    インスタ「いいね!数」非表示でどうなる 企業には痛手
    Instagram(インスタグラム)は「いいね!」数を表示しないテストを行っている。SNSでは重要指標のいいね!数だが、それを失うことになる。2019年のInstagram Dayでは「発見タブ」への広告表示も発表。Instagramの今後と、その活用法について考察する。
  • 富士フイルムの結核診断キットがグッドデザイン大賞を取れた理由
    2019.12.05
    富士フイルムの結核診断キットがグッドデザイン大賞を取れた理由
    日本デザイン振興会は2019年10月31日、2019年度グッドデザイン大賞として富士フイルムの「結核迅速診断キット」を選んだ。受賞作品の展示会場には、大手メーカーの経営トップが相次いで姿を見せるなど、デザインの重要性を再認識する姿勢がうかがわれた。
  • 新宿駅の「謎の箱」 JR東日本がシェアオフィスに乗り出した理由
    2019.12.05
    新宿駅の「謎の箱」 JR東日本がシェアオフィスに乗り出した理由
    東日本旅客鉄道(JR東日本)の新宿駅改札内にある電話ボックスのような謎の箱。その正体は、働き方改革支援を目的に同社が2019年8月から展開しているシェアオフィス「STATION BOOTH」だ。JR東日本がなぜ今、シェアオフィス事業に乗り出したのか。
  • “甘くない”がSNSで拡散 意表突いたカルビー「グラノーラ」
    2019.12.03
    “甘くない”がSNSで拡散 意表突いたカルビー「グラノーラ」
    カルビーが新発売した「グラノーラ」をおいしく食べるレシピを、他社が自社のTwitter公式アカウントで拡散し、話題を呼んでいる。このプロモーションを仕掛けた背景には、「朝食革命」で2016年まで大幅な売り上げ増を記録したシリアルブランド「フルグラ」が抱える“難題”が潜んでいた。
  • 音楽サブスクに危機感 無許諾アプリ、友だち・家族経由が66%
    2019.12.03
    音楽サブスクに危機感 無許諾アプリ、友だち・家族経由が66%
    無料で音楽が聴ける無許諾音楽アプリを利用するきっかけは、66%が友だちや家族経由だった。そんな調査結果をLINEリサーチが公開した。音楽視聴はCD中心からネットを通じた視聴に移行しているが、利用者を増やしているストリーミング型の音楽サブスクリプションサービスの成長の阻害要因ともなっているという。
  • カフェ・カンパニーが居酒屋企業と統合 食プラットフォーム提供
    2019.12.03
    カフェ・カンパニーが居酒屋企業と統合 食プラットフォーム提供
    カフェ主体のカフェ・カンパニーと居酒屋主体のsubLimeが経営統合した。相互の強みを生かし、商業施設などへの提案力を高める。新会社では食ビジネス向けの資金調達支援サービスや飲食店の生産性を高めるプラットフォームサービスにも参入し、業界全体の底上げに取り組む。
  • 5Gスマホのトレンドは「2画面と低遅延」 最新モデルを読み解く
    2019.12.02
    5Gスマホのトレンドは「2画面と低遅延」 最新モデルを読み解く
    商用サービスの開始が2020年春に迫る次世代の通信サービス「5G」。高速大容量、低遅延という特長を生かすと、スマホはどう変わるのか。大手キャリアがラインアップした19年秋冬モデルから、その方向性が一足早く見えてきた。新たなトレンドは、デュアルディスプレーと応答速度の向上だ。
  • 初の完全EVタイカンで新社長が描くポルシェ・アズ・ア・サービス
    2019.12.02
    初の完全EVタイカンで新社長が描くポルシェ・アズ・ア・サービス
    ポルシェジャパンは、新型車「タイカン」のジャパンプレミアを2019年11月20日に開催した。同社初のフル電動スポーツカーで、同日より「期間限定 Porsche タイカン予約プログラム」もスタート。納車予定は20年9月という。19年8月に同社社長に就任したミヒャエル・キルシュ氏がタイカンで夢見るのは「ポルシェ・アズ・ア・サービス」とも言えるものだった。
  • 動く「オンライン診療所」が始動へ フィリップスとモネが実現
    2019.12.02
    動く「オンライン診療所」が始動へ フィリップスとモネが実現
    フィリップス・ジャパンとモネ・テクノロジーズは、長野県伊那市と連携し、オンライン診療などが可能な専用車「ヘルスケアモビリティ」を活用した実証実験を2019年12月12日から始める。その中身とは?
  • 血液1滴でがんを検出する実証試験 未来消費カレンダー新着情報
    2019.12.02
    血液1滴でがんを検出する実証試験 未来消費カレンダー新着情報
    日経クロストレンド「未来消費カレンダー」は、将来話題となりそうな新製品、新施設、商戦・イベントなどの予定を一覧できるサービスだ。新着情報を毎週金曜日に更新している。2020年「東芝、血液1滴から13種類のがんを検出する技術の実証試験開始」など22件の情報を追加した。
  • キヤノン「令和のインスタントカメラ」が女性に刺さりヒット
    2019.12.02
    キヤノン「令和のインスタントカメラ」が女性に刺さりヒット
    スマートフォンの登場で厳しい状況にあるカメラ・プリンター市場。そんななか、キヤノンが2018年に発売したスマートフォン専用のミニフォトプリンター「iNSPiC(インスピック)」シリーズが順調に売り上げを伸ばしている。19年6月にはカメラ機能と印刷機能を備えた新モデルが登場した。
  • ICチップでビールを量り売り タイトーの新業態「EXBAR TOKYO」
    2019.11.29
    ICチップでビールを量り売り タイトーの新業態「EXBAR TOKYO」
    タイトーは“大人においしい遊び場”がコンセプトの「EXBAR TOKYO」を2019年11月13日、東京・銀座にオープンした。クラフトビールやパブ料理、ゲームが楽しめ、DJやミュージシャンによるイベントも開催する。日本発のナイトエンターテインメントブランドの確立を狙う。
  • 新生「渋谷パルコ」分析 目指すは唯一無二の次世代型商業施設
    2019.11.27
    新生「渋谷パルコ」分析 目指すは唯一無二の次世代型商業施設
    建て替えで休業していた「渋谷パルコ」が2019年11月22日、3年3カ月ぶりにオープンした。入り口かららせん状に屋上広場へつながる立体街路が印象的な建物で、地下1階から地上9階(10階の一部)の商業フロアに個性的な専門店が193店舗出店。初年度テナント取扱高約200億円を目指す。
  • 「無印良品 京都山科」が地方・郊外百貨店の救世主になる理由
    2019.11.27
    「無印良品 京都山科」が地方・郊外百貨店の救世主になる理由
    良品計画は2019年11月1日、食の大型専門売り場を備える新業態の2号店「無印良品 京都山科」をオープンした。生鮮食品やグロッサリーの他、総菜や菓子の専門店も多数導入。食を通じて地域とつながる店舗づくりは、閉店が相次ぐ地方・郊外百貨店や商業施設の後継テナントとしても期待を集めそうだ。
  • ARとAIを活用 ZEPPELINが新しい3次元広告事業に挑む
    2019.11.26
    ARとAIを活用 ZEPPELINが新しい3次元広告事業に挑む
    “デジタルイノベーション”の創出を掲げるテクノロジー企業のZEPPELIN(ツェッペリン、東京・渋谷)が、電通デジタル、KDDIと組んで、新たな広告市場の開拓に挑む。2020年初め、都内の商業施設でAR(拡張現実)による巨大広告を映し出すトライアルを開始。20年春以降に、競技場でのスポーツやエンターテインメント分野にも展開する計画だ。
  • 脱MaaSアプリ 東急とJR東の新生Izukoが12月スタート
    2019.11.26
    脱MaaSアプリ 東急とJR東の新生Izukoが12月スタート
    東急やJR東日本が、静岡県の伊豆エリアで取り組む観光MaaS「Izuko(イズコ)」。その第2弾の実証実験が、2019年12月1日から始まる(2020年3月10日まで)。今回はMaaSアプリではなく、Webブラウザによるサービス提供に切り替えた。新生Izukoの中身とは?
  • 中国を席巻するVlog 日本の動画マーケティングへの影響は
    2019.11.26
    中国を席巻するVlog 日本の動画マーケティングへの影響は
    「TikTok」に代表されるショートビデオなど、動画配信のトレンドで日本の先を行く中国。今年急速に伸びているのが、日常生活を飾らずに10~20分の動画で紹介する「Vlog(ブイログ)」だ。背景にあるのは、インフルエンサーの投稿が過剰に広告目的化したことがある。これに対し、日本ではユーチューバーの重要性は揺るがないと関係者は見る。
  • 任天堂のエクササイズゲームが好調 ゲームが筋トレ意欲を刺激
    2019.11.26
    任天堂のエクササイズゲームが好調 ゲームが筋トレ意欲を刺激
    発売後10日間で全国的な品薄状態になった『リングフィット アドベンチャー』。その人気の秘密は、フィットネスの楽しさと、テレビゲームの楽しさが見事に融合していることにあった。これはステージを進めていくだけで、どんどん運動をする楽しさにハマっていく究極のフィットネス・ソフトだったのだ。

関連特集・連載

都心へ発進 相鉄のブランド再構築
都心へ発進 相鉄のブランド再構築
全3回
【PR】地方発ヒット商品の作り方
【PR】地方発ヒット商品の作り方
【PR】「働くひとの西宇和みかん」とは
【PR】「働くひとの西宇和みかん」とは
2019年ヒット商品ベスト30
2019年ヒット商品ベスト30
全32回