一般社団法人フェーズフリー協会(東京・文京)は「フェーズフリーアワード2022」の受賞企業・団体を発表した。「事業部門」と「アイデア部門」の2部門があり、部門ごとに審査員が「ゴールド」「シルバー」「ブロンズ」を選ぶ。ほかにも、部門ごとに一般閲覧者のWeb投票による「オーディエンス賞」がある。

事業部門ゴールドは愛媛県今治市とタクマの「今治市クリーンセンター」
事業部門ゴールドは愛媛県今治市とタクマの「今治市クリーンセンター」

 同アワードは今回が第2回。フェーズフリーとは、「日常時」と「非常時」という2つのフェーズをフリーにするという意味。身の回りにある製品やサービスを、日常時だけでなく非常時にも役立つようにするという考え方だ。

 非常時のみに取り出して使う防災用品などと異なり、フェーズフリーの考え方を取り入れた製品やサービスは、日常生活の中で愛着を持って利用しているものを、非常時にも役立てることができる。同協会はこうしたフェーズフリーの考え方の理解の促進と社会への普及を通し、安心で安全な社会の実現を目指しているという。

ごみ処理施設を防災拠点に

 今回、「事業部門」の「ゴールド」には愛媛県今治市とプラント関連企業のタクマによる「今治市クリーンセンター(バリクリーン)」を、「アイデア部門」の「ゴールド」には法政大学現代福祉学部水野雅男研究室の「CAMP in Campus for well-being」を選択。2022年9月12日に発表した。

この記事は会員限定(無料)です。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>
この記事をいいね!する