ジンズは2015年以来、7年ぶりに定番商品の全面的なデザイン刷新に着手。「JINS CLASSIC」の新シリーズとして22年8月29日から順次、販売している。デザインは1950~70年代の眼鏡を現代風にした。

2022年9月15日に発売した「JINS CLASSIC Slim」。色は「ブラック」「ブラウンデミ」「クリア」の基本3色のほか、「ブルーデミ」「ワインデミ」「ターコイズデミ」などのカラーバリエーションもある。価格は9900円(税込み、以下同)
2022年9月15日に発売した「JINS CLASSIC Slim」。色は「ブラック」「ブラウンデミ」「クリア」の基本3色のほか、「ブルーデミ」「ワインデミ」「ターコイズデミ」などのカラーバリエーションもある。価格は9900円(税込み、以下同)

 定番商品は、ジンズのメイン顧客である20~30代をターゲットにしてデザインしてきた。しかし同じようなデザインの眼鏡が多くなり、来店している幅広い年代の顧客ニーズに応えていないのでは、という心配の声が店舗から上がっていたという。

デザインをゼロベースで見直せ

 2022年3月ごろから、商品企画やデザイン、営業など各部門の担当者が集まり、社長の田中仁氏の指揮の下で定番商品の全面的な刷新を進めた。店頭で売っている商品を並べてみると、確かにデザインが似てきたことが分かったという。

この記事は会員限定(無料)です。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>
この記事をいいね!する