FCバルセロナやスペイン代表で活躍し、ヴィッセル神戸のキャプテンとしてチームを率いているアンドレス・イニエスタ選手が中心となり、新たなサッカーシューズ・アパレルブランド「CAPITTen(キャピテン)」が設立された。なぜ既存メーカーのサブブランドではなく自身のブランドなのか。

国立競技場で開催された「イニエスタ 新ブランド発表会」で、アンドレス・イニエスタ選手は「国立競技場は日本の一流選手が競技を繰り広げる場所であり、私自身、ヴィッセル神戸で初めて天皇杯のタイトルをとった思い出深い場所だ。私にとって特別な場所である国立競技場で、このように発表の場を持てることを大変うれしく思う」と話した
国立競技場で開催された「イニエスタ 新ブランド発表会」で、アンドレス・イニエスタ選手は「国立競技場は日本の一流選手が競技を繰り広げる場所であり、私自身、ヴィッセル神戸で初めて天皇杯のタイトルをとった思い出深い場所だ。私にとって特別な場所である国立競技場で、このように発表の場を持てることを大変うれしく思う」と話した
[画像のクリックで拡大表示]

ブランド名に日本語の「縁」を入れた

 FCバルセロナやスペイン代表で活躍し、日本ではヴィッセル神戸のキャプテンとしてチームを率いてきているアンドレス・イニエスタ選手(以下、イニエスタ氏)が中心となり、新たなサッカーシューズ・アパレルブランド「CAPITTen(キャピテン)」が設立された。同ブランドは、イニエスタ氏、M&A・ファイナンス・事業投資を行うReSTARTパートナーズ(東京・中央)、アパレル事業の生産管理・販売・経営改善を行うアパレルReSTARTファンド(東京・港)、イニエスタ氏のマネジメント会社であるNSNグループ(スペイン・バルセロナ)によって、共同出資・共同経営される。また日本初のフットウエアクリエーターとして知られる井上晋平氏が参画。イニエスタ氏がキャリアを通じて培った知見に基づくサッカーシューズを中心にスポーツウエアなど幅広い製品を、メンズ、ウィメンズ、キッズ向けに展開する。また2022年9月下旬以降に、神戸市中央区八幡通4に旗艦店を開く予定だ。

 22年9月8日に国立競技場で行われた「イニエスタ新ブランド発表会」に登壇したイニエスタ氏は、ブランド名の「CAPITTen(キャピテン)」には、サッカー選手としてのすべてのキャリア、1人の人間として人生で学んだこと、サッカーが持つ価値、ハードワーク、その中でも野心的なものすべてを込めたという。またつづりの最後にある「en」は日本語の「縁」に由来するとし、「日本に来たのも縁、このチームでみんなとプレーができるのも縁。チームの中でプレーをすることが大切だという思いを込めた」(イニエスタ氏)と話した。

 創設メンバーの1人であるアパレルReSTARTファンドの代表、高橋浩二氏は、「イニエスタ氏との交流の中で、未来の子どもたちに向けて何か残していきたいと考えブランド創設となった。重視したのはイニエスタ氏の理想とする形をどう実現するかだった」という。イニエスタ氏は「プロダクトは一つの製品ではあるが、まず試してほしい。どれくらい履き心地がいいか、どのくらいみなさんが期待している要素があるか。個人で感想は異なることは承知しているが、試せば素晴らしさが分かると思っている」と製品への自信をのぞかせた。

アパレルReSTARTファンドの代表、高橋浩二氏(左から2番目)は「縁があってイニエスタ氏と知り合い、交流する中でブランドを創設することになった」と話した
アパレルReSTARTファンドの代表、高橋浩二氏(左から2番目)は「縁があってイニエスタ氏と知り合い、交流する中でブランドを創設することになった」と話した
[画像のクリックで拡大表示]

現役引退後のサッカーとのつながり

 なぜ、自身のブランドを立ち上げようと考えたのか。一般的に現役選手であれば、既存メーカーの製品に監修の立場で携わることが多く、イニエスタ氏自身も、ナイキやアシックスといったメーカーと契約してきた経緯がある。しかし自らの理想とする形を追求するためには、ブランドの初めから関わる必要があると考えた。

 「タイミングの問題で、21年までは他メーカーとの契約があり立ち上げられなかったが、長らく自分のブランドがほしい、納得のいくものがつくりたいと考えてきた。22年に入り、すぐにこのプロジェクトを立ち上げられたのはタイミングが良かったし、非常にアンビシャス(野心的)なプロジェクトだと考えている。いつかは現役選手をやめるときがくるが、その後、どのようにサッカーとつながりを持っていくかを考えると、スパイクのブランドを立ち上げて、そのブランドが残っていくことに、大きな意味がある」とイニエスタ氏。今後、サッカーをしたいと考える少年少女、あるいは大人たちにも、愛用されることを目指している。「もちろんこれで完成ではない。長く愛されるブランドにするため、研究、進化を続けていきたい」(イニエスタ氏)

ブランド第1弾製品となるスパイク「CAPITTEN ONE 888 LIMITED EDITION」は8万8000円(税込み、以下同)で22年9月8日に発売。イニエスタ氏の直筆サインが入った限定モデルとなっている。「限定モデルの888は私のラッキーナンバーの8に由来」とイニエスタ氏(右)。左は司会を務めた俳優の勝村政信氏
ブランド第1弾製品となるスパイク「CAPITTEN ONE 888 LIMITED EDITION」は8万8000円(税込み、以下同)で22年9月8日に発売。イニエスタ氏の直筆サインが入った限定モデルとなっている。「限定モデルの888は私のラッキーナンバーの8に由来」とイニエスタ氏(右)。左は司会を務めた俳優の勝村政信氏
[画像のクリックで拡大表示]

世界展開も視野に進化させていく

 第1弾製品にサッカーのスパイクを選んだ理由を、イニエスタ氏は「いちサッカー選手として、様々なツールを使ってきているが、中でもスパイクは私にとって一番大事にしているものだから」と説明する。

 フットウエアクリエーターの井上氏は、これまで国内ブランドではアシックス、海外ブランドではATHLETA(アスレタ)などでスポーツシューズブランドの職人として従事してきており、世界中からオファーを受ける技術を持つ。その井上氏をしても、ブランドから声がかかったときには、にわかに信じられなかったそうだ。すぐに神戸に呼ばれ、目の前にイニエスタ氏がいるのを見て、その本気度を感じたという。

 ReSTARTパートナーズの代表、倉本大樹氏は、「チーム一丸となってつくりあげてきた。スパイクは非常に履き心地がよく、プレーがうまくなったのかと錯覚するほどだ。ぜひ、イニエスタ氏の経験と価値観すべてが詰め込まれたシューズを楽しんでもらいたい」と話した。

 イニエスタ氏は現状のスパイクは「デザインも履き心地もパーフェクト」と考えているとしつつも、「改善の余地はあり、この時点では完璧だということ。より良くするために改善していくだろう」とした。また、早速このシューズを履いてプレーをするとし、「明日からまたサッカーに精進したい」とも。

 ただし今後の展開については、「現役選手としてプレーしながらプロダクト製作に携わったため、現時点では遠い将来のビジョンは持っていないが、今後、どういう選手が履いてくれるのか、世界展開できる履き心地のよさを追求して開発していきたい」(イニエスタ氏)と話すにとどまった。

「サッカーをする少年少女からプロを目指す選手、シニアで愛好しているプレーヤーにも履いてもらい、価値を感じてもらいたい」と井上晋平氏
「サッカーをする少年少女からプロを目指す選手、シニアで愛好しているプレーヤーにも履いてもらい、価値を感じてもらいたい」と井上晋平氏
[画像のクリックで拡大表示]
青と白を基調としたカラー展開に関しては、あくまでも現時点ではファーストエディションだとしながらも、「使う色には意味合いを持たせたかった。靴底は凝っており、マテリアルにもこだわった。見たときにきれいでエレガントで、なおかつサッカーシューズとして履き心地のいいものを目指した」と言う
青と白を基調としたカラー展開に関しては、あくまでも現時点ではファーストエディションだとしながらも、「使う色には意味合いを持たせたかった。靴底は凝っており、マテリアルにもこだわった。見たときにきれいでエレガントで、なおかつサッカーシューズとして履き心地のいいものを目指した」と言う
[画像のクリックで拡大表示]
「CAPITTEN One Pro」は「白/青」「白/黒」の2種類で各2万9150円、「CAPITTEN One TF」は1万4850円、「CAPITTEN Jr. ONE TF」は「白/青」「白/黒」の2種類で各1万1000円
「CAPITTEN One Pro」は「白/青」「白/黒」の2種類で各2万9150円、「CAPITTEN One TF」は1万4850円、「CAPITTEN Jr. ONE TF」は「白/青」「白/黒」の2種類で各1万1000円
[画像のクリックで拡大表示]
アッパー前足部には高品質のカンガルーレザーを使用。アウトソールはベース部分にドイツ製のTPA(高温や耐油性が求められる用途に使用できる、熱可塑性エラストマー)樹脂、スタッド部にはTPU(熱可塑性ポリウレタン)樹脂を採用したハイブリッドソール(写真は「CAPITTEN One Pro」の「白/青」)(画像提供/CAPITTEN )
アッパー前足部には高品質のカンガルーレザーを使用。アウトソールはベース部分にドイツ製のTPA(高温や耐油性が求められる用途に使用できる、熱可塑性エラストマー)樹脂、スタッド部にはTPU(熱可塑性ポリウレタン)樹脂を採用したハイブリッドソール(写真は「CAPITTEN One Pro」の「白/青」)(画像提供/CAPITTEN )
[画像のクリックで拡大表示]