年間200万円しか集まらなかったふるさと納税の寄付金額が、21億円以上に増加――。人口約2万人、かつては財政破綻も囁(ささや)かれた高知県須崎市。この小さな市を“ゆるキャラ”の「しんじょう君」で立て直した男がいる。ゼロからゆるキャラをプロデュースし、「ゆるキャラグランプリ」で日本一を獲得するまでに成長。その知名度を生かしてふるさと納税をPRし、須崎市の活性化に貢献した。そんな須崎市を再建させた立役者である守時健氏に、地域活性化のノウハウを聞いた。

高知県須崎市のゆるキャラ「しんじょう君」。2013年に誕生。愛らしい見た目と、やる気のないキャラクターが特徴的。16年のゆるキャラグランプリでは、日本一を獲得した。最近はeスポーツの大会でも優勝しているらしい(画像はしんじょう君のオフィシャルウェブサイトより)
高知県須崎市のゆるキャラ「しんじょう君」。2013年に誕生。愛らしい見た目と、やる気のないキャラクターが特徴的。16年のゆるキャラグランプリでは、日本一を獲得した。最近はeスポーツの大会でも優勝しているらしい(画像はしんじょう君のオフィシャルウェブサイトより)

 ふなっしー、ひこにゃん、くまモンなど、アイドル級の人気を誇るキャラも登場し、今では1500体以上が存在するといわれる「ゆるキャラ」。

 愛くるしい見た目に、どこかおぼつかない立ち振る舞い、ゆるくやる気のないキャラクター性などが、世間から注目を集め、08年にはユーキャンが主催する新語・流行語大賞にもノミネートされた。10年からはファン投票で人気を決める「ゆるキャラグランプリ」も開催されるようになった。ゆるキャラは一大ブームとなり、各地域のPRや活性化に必要不可欠な存在となっている。

 そんな過渡期を迎えていたゆるキャラ業界に13年、また1体、新たなゆるキャラが誕生した。その名は「しんじょう君」。高知県須崎市という小さな町で生まれた、くりくりっとした目がかわいらしい同キャラクターは、ニホンカワウソをモチーフにデザインされ、鍋焼きラーメンをイメージした被り物をしている。

須崎市のゆるキャラ「しんじょう君」。現在は絶滅してしまったニホンカワウソが最後に須崎市の新荘川で目撃されたことと、鍋焼きラーメンが須崎市の名物であることから、このデザインに行き着いた。現在しんじょう君の公式ブログは、月間100万PVほどを記録している(写真はしんじょう君のオフィシャルブログより)
須崎市のゆるキャラ「しんじょう君」。現在は絶滅してしまったニホンカワウソが最後に須崎市の新荘川で目撃されたことと、鍋焼きラーメンが須崎市の名物であることから、このデザインに行き着いた。現在しんじょう君の公式ブログは、月間100万PVほどを記録している(写真はしんじょう君のオフィシャルブログより)

 お披露目前にモチーフのニホンカワウソが絶滅種に指定されてしまうというハプニングがあったものの、しんじょう君は着実に知名度を上げていった。誕生から3年後の16年には、「ゆるキャラグランプリ」で日本一を獲得。現在のTwitterのフォロワー数は12万人を超えている。しんじょう君をきっかけに、須崎市を知ったという人も多いはずだ。

 瞬く間に有名となり、須崎市の知名度向上に貢献したしんじょう君。その発起人は、当時、須崎市の市役所職員を務めていた守時健という男性だ。岡山県出身、関西大学卒業と高知県に縁のない彼が、ひょんなことから須崎市の市役所職員に入庁。そこからSNSを駆使してしんじょう君を日本一にまで押し上げた。さらにブレイク後も、しんじょう君の知名度と経済効果を生かして、ふるさと納税の寄付金額を爆上げ。担当になった当時は年間200万円しか集まらなかった寄付金額を、20年度には21億円以上にまでに増加させた。

 守時氏は、どのようにしてゆるキャラの実績をつくりあげ、ふるさと納税の寄付金額を増やしたのか。本記事ではその過程をたどった。

守時健氏。しんじょう君の生みの親。長髪な見た目で、気だるそうで破天荒な性格が話題を呼んでいるようだ。写真集も発売し、ファンの間では「超公務員」と呼ばれていたらしい。現在は、地域創生を請け負う商社「パンクチュアル」で社長を務める
守時健氏。しんじょう君の生みの親。長髪な見た目で、気だるそうで破天荒な性格が話題を呼んでいるようだ。写真集も発売し、ファンの間では「超公務員」と呼ばれていたらしい。現在は、地域創生を請け負う商社「パンクチュアル」で社長を務める
守時氏が22年5月に出版した『日本一バズる公務員』。彼がしんじょう君をプロデュースして、地方創生を成功させてきた過程がまとめられている
守時氏が22年5月に出版した『日本一バズる公務員』。彼がしんじょう君をプロデュースして、地方創生を成功させてきた過程がまとめられている
有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>
45
この記事をいいね!する