歌手の郷ひろみさんのデビュー50周年を記念する式典が2022年8月29日、ソニーグループ本社ビルで開催された。1972年にデビューしてから50年間、“ロングセラーヒット”を続けてこられたのはなぜなのか?

郷ひろみさんのデビュー50周年。記念式典がソニーグループ本社で開催された
郷ひろみさんのデビュー50周年。記念式典がソニーグループ本社で開催された
[画像のクリックで拡大表示]

 その理由を「高みを目指して追求し続けるプロフェッショナリズムと、徹底的にお客様を楽しませたいというエンターテイナーとしての魂、この2つに尽きる」と分析したのは所属レコード会社、ソニー・ミュージックエンタテインメントの村松俊亮社長。「今でもジムに週3回通い、厳しいボイストレーニングも欠かさない。そうやって自分を追い込むのは、2時間のコンサートで激しい歌と踊りをしても、その後のMCで息を切らす姿をお客さんに見せるわけにいかないからだと聞いている」(村松社長)とたたえた。

 イベントは、抽選で選ばれたファン50人を招き開催された。村松社長から郷さんに記念品が授与されたほか、デビュー曲の「男の子女の子」、ニューシングルの「ジャンケンポンGO!!」など4曲を熱唱するパフォーマンスも披露した。

[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
イベントではミニライブも。「言えないよ」「ジェンケンポンGO!!」「2億4千万の瞳 -エギゾチック・ジャパン-」「男の子女の子」の4曲を歌った
イベントではミニライブも。「言えないよ」「ジャンケンポンGO!!」「2億4千万の瞳 ―エギゾチック・ジャパン―」「男の子女の子」の4曲を歌った
[画像のクリックで拡大表示]

日本武道館でのコンサートも発表

 郷さんはイベントの冒頭、「50年間支えていただいて本当にどうもありがとう。頭の中には、感謝という、言葉しかない」とあいさつ。デビュー50年については、「自分の中では郷ひろみを続けているだけ。50周年というのは、振り返ってみるとすごい数字だが、僕の中では、50年やってきたという思いは正直なところない。前を見て、これからもやっていきたいと思う。とにかく1日でも長く、大好きな歌を皆さんのために歌えるようにしていきたい」などと語った。

イベントでは、村松社長から郷さんに記念品が授与された
イベントでは、村松社長から郷さんに記念品が授与された
[画像のクリックで拡大表示]

 郷ひろみさんは、1972年8月1日に「男の子女の子」でデビュー。2022年8月3日にリリースした「ジャンケンポンGO!!」は108枚目のシングルとなる。22年12月21日に、デビュー50周年を記念したベストアルバムを発売し、同12月26日には、50周年の締めくくりとして、日本武道館でコンサートを開催することも発表した。

22年12月には50周年記念コンサートも実施すると発表した
22年12月には50周年記念コンサートも実施すると発表した
[画像のクリックで拡大表示]

(写真/吾妻拓)