サントリー食品インターナショナルは、「サントリー天然水」のラベルレス専用ボトル「氷雪ピュアボトル」を開発し、2022年7月5日に全国のコンビニエンスストアで発売した。ラベルレス専用ボトルの開発は同社初。

左からサントリー天然水ラベルレス「氷雪ピュアボトル」。コンビニエンスストアでは、食品表示を記した首掛けのポップを付けて販売している。通常品のサントリー天然水。通常品のラベルを取った状態。サントリー天然水ラベルレスとして、2021年10月からECを中心に販売していた(画像提供/サントリー食品インターナショナル)
左からサントリー天然水ラベルレス「氷雪ピュアボトル」。コンビニエンスストアで、食品表示を記した首掛けのポップを付けて販売している状態。通常品のサントリー天然水。通常品のラベルを取った状態。サントリー天然水ラベルレスとして、2021年10月からECを中心に販売していた(画像提供/サントリー食品インターナショナル)
[画像のクリックで拡大表示]

 コンビニでは、食品表示入りのポップを付けて数量限定で販売している。サントリー食品インターナショナル ジャパン事業本部ブランド開発事業部の佐藤匡氏は「通常品と氷雪ピュアボトルの2品を販売しているコンビニでは、互いの販売に多少の影響はあるものの、2品合わせて好調に推移している」と話す。同社は2021年10月から、サントリー天然水のラベルをはがしただけのラベルレス商品を、AmazonやアスクルなどのECチャネルで販売してきた。ケースで販売している550ミリリットル入りのサントリー天然水ラベルレスのボトルは、氷雪ピュアボトルに変更していくという。

ラベルレスのボトルが際立つように、首掛けのポップは上向きに折って取り付けている
ラベルレスのボトルが際立つように、首掛けのポップは上向きに折って取り付けている
[画像のクリックで拡大表示]

ラベルレスでブランディング

 氷雪ピュアボトルは、サントリー天然水のブランディングのために開発した。サントリー天然水ブランドの年間販売数量は、国内清涼飲料市場で18年から4年連続首位(サントリー調べ)。ただ、コンビニではリーズナブルなプライベートブランド(PB)が販売され、サントリー天然水と同様に水源を訴求する競合商品もある。「多くのユーザーに受け入れられている実感はあるものの、水という味のない商品なので、絶対的優位とは言い切れない。絶えずブランディングをして、サントリー天然水の強みを伝え続けていく必要がある」(佐藤氏)