「枝豆とコーンなので、ギルトフリー感覚で召し上がっていただけるのでは」と語る、商品開発担当のモスフードサービス マーケティング本部の濱崎真一郎商品開発部長

「白いモスバーガー」が話題 史上最大割引のセットで若年層獲得へ

2022年07月21日
  • 「白いモスバーガー」が話題 史上最大割引のセットで若年層獲得へ(画像)
  • 2022年7月12日に登場した「白モス 恵比寿東店」(東京都渋谷区恵比寿1丁目10-7)。モスカラーの緑色の看板が白に変わり、雪を思わせる白い装飾があしらわれている。右にあるのはフォトスポット(画像提供/モスバーガー)
  • 「商品だけでなく店舗からも“革新”を感じてもらいたい」と、店内や制服も白色にチェンジ
  • 店内メニュー掲示の上にも新商品「白いモスバーガー」の白いチーズソースが溶け出したようなデザインを施している(画像提供/モスバーガー)
  • 「夏トクセット」(790円)は、「白いモスバーガー」(470円)、「枝豆コーンフライ」(270円)、セットドリンクの3点セットで、最大260円の割引となる
  • 「白いモスバーガー」の白いソースは、4種類のチーズを使用していると聞いて濃厚な味をイメージしていたが、ヨーグルトの隠し味がきいて意外にさっぱりしていて軽く、夏向けの味わい
  • 左から「まるごと!レモンのジンジャーエールwith南国パインソース<タイ産パイン果肉1.0%使用>」Lサイズ530円、「まぜるシェイク 南国パイン」Sサイズ320円・Mサイズ400円、「南国パイン ジンジャーエール<タイ産パイン果肉1.0%使用>」Sサイズ240円、Mサイズ310円、Lサイズ 380円
  • 油で揚げているためフレンチフライの食感により近く、野菜の甘みも感じられ、幅広い年代に受けそうな味だった
  • 「枝豆とコーンなので、ギルトフリー感覚で召し上がっていただけるのでは」と語る、商品開発担当のモスフードサービス マーケティング本部の濱崎真一郎商品開発部長
  • 「来店される方の2人に1人は、夏トクセットをオーダーすると予測している」と語るモスフードサービスの安藤芳徳マーケティング本部長