2022年6月、世界でも有数の展示会「ミラノサローネ国際家具見本市(ミラノサローネ)」が開催された。60周年を迎えた今年、新型コロナウイルス感染症拡大の影響で開催時期を4月から延期したが、それでも1575社が出展し、173カ国から26万2608人が来場するなど、コロナ禍前の約8割にまで復活。多くの日本企業も出展していた。

好天のミラノ郊外ロー・フィエラ本会場
好天のミラノ郊外ロー・フィエラ本会場

 開催中に実施されたメディアグループとのインタビューの席上、「若手の登竜門」といえるサローネサテリテの創設者でもあるキュレーターのマルヴァ・グリフィン・ウィルシャー氏が60周年を迎えたことに触れ、感極まって涙するシーンもあった。前回の2021年は小規模な展示会にとどまったが、規模が戻ったように感じられる。

 日本からの出展は、檜創建(岐阜県中津川市)やマルニ木工(広島市)、細尾(京都市)、カリモク家具(愛知県東浦町)、アンビエンテック(横浜市)、リッツウェル(福岡市)があった。これらの展示ブースを見てみよう。

【お知らせ】

8/26「ミラノサローネ/フォーリサロネセミナー」開催決定。詳しくはこちらをご覧ください

メディアグループとのインタビューで、「サローネサテリテ」の創設者でありキュレーターのマルヴァ・グリフィン・ウィルシャー氏は感極まり涙した
メディアグループとのインタビューで、「サローネサテリテ」の創設者でありキュレーターのマルヴァ・グリフィン・ウィルシャー氏は感極まり涙した
セルジョ・マッタレッラ伊大統領のメッセージとともに開幕。バイヤーなど61%が国外から来場。世界中から3500人以上のジャーナリストも取材に訪れた
セルジョ・マッタレッラ伊大統領のメッセージとともに開幕。バイヤーなど61%が国外から来場。世界中から3500人以上のジャーナリストも取材に訪れた

檜創建、設備をアートに進化させる

 檜創建は、岐阜県と長野県の県境を流れる木曽川沿いに本社がある。特産材である木曽檜(ひのき)を主に使い、地域に伝わる木工技術でつくる檜風呂のメーカーであり、浴室総合プランナーでもあるという。

この記事は会員限定(無料)です。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>
6
この記事をいいね!する