中国レノボ・グループ傘下のNECパーソナルコンピュータ(NECPC)がゲーミングPC事業に再参入した。2022年7月14日からタワー型デスクトップPC「LAVIE GX(ラヴィジーエックス)」シリーズの販売を開始。NECブランドとしてゲーム向けPCを発売するのは24年ぶりだ。

NECPCが発売するゲーミングPCは、シックなデザインが特徴の一つ。「LAVIE GXシリーズは(他社のゲーミングPCのように)7色にビカビカ光りません」とNECPCプロジェクト炎神 総合プロデューサー・森部浩至氏
NECPCが発売するゲーミングPCは、シックなデザインが特徴の一つ。「LAVIE GXシリーズは(他社のゲーミングPCのように)7色にビカビカ光りません」とNECPCプロジェクト炎神 総合プロデューサー・森部浩至氏

製品ターゲットはPCゲーム入門者

 国内のパソコン市場は縮小傾向にあるが、ゲーミングPCは例外だ。動画共有サービス「YouTube(ユーチューブ)」で配信されているゲーム実況動画や攻略動画、またeスポーツなどの人気もあってゲーミングPCの販売は好調なのだ。同じレノボ・グループのレノボをはじめ、デル、HP、マウスコンピューターといったパソコンメーカーも次々とゲーミングPCの新製品を投入している。

 PCゲームの高度化に伴い、PCに求められる推奨スペックは年を追って高くなっている。当然、ゲーミングPCは大きな負荷がかかるPCゲームでも快適にプレーできるように、高性能な仕様になっている。発熱でパフォーマンスが低下しないよう、排熱性能が高くなっている点などもゲーミングPCの特徴だ。

 今回NECPCが発売した「LAVIE GXシリーズ」もハイスペックだ。同シリーズの量販店モデルは2機種があるが、上位機種の「GX750/EAB」はCPUにインテルの「Core i7-12700F」、メモリーにDDR4-3200規格のDIMMを16ギガバイト、GPUにはエヌビディアの「GeForce RTX 3060」を搭載する。直販サイト限定のカスタマイズモデル「LAVIE Direct GX」でも、「GX750/EAB」と同じ仕様が選択できる。

「GX750/EAB」の価格はオープンプライスで、想定販売価格は30万2280円(税込み)。CPUに「Core i5-12400F」を搭載する下位機種「GX550/EAB」の想定販売価格は21万9780円(税込み)となっている
「GX750/EAB」の価格はオープンプライスで、想定販売価格は30万2280円(税込み)。CPUに「Core i5-12400F」を搭載する下位機種「GX550/EAB」の想定販売価格は21万9780円(税込み)となっている

 ゲーミングPC市場では後発となるNECPC。今回のLAVIE GXシリーズでターゲットとしているのは、既存のPCゲーマーではなく、これからPCゲームを始めたいと思っている入門者だ。レトロゲームで育ったゲーム好きの父親世代や、YouTubeのゲーム実況・攻略動画などでPCゲームに興味を持ったZ世代が、家庭用ゲーム機から移行することを想定しているという。そのためLAVIE GXシリーズのキャッチフレーズも「買ってすぐに遊べるゲーミングPC」とした。

 PCゲームに対する敷居を下げたいLAVIE GXシリーズだけに、有線のキーボードおよびマウスの他、家庭用ゲーム機と同じ感覚で操作できる「Xbox ワイヤレス コントローラー」とゲーミングヘッドセットが付属する。3カ月の期間限定ながら、マイクロソフトの月額制ゲームサービス「Xbox Game Pass Ultimate(エックスボックス・ゲーム・パス・アルティメット、月額1100円、税込み)」を無料で利用できる購入特典も用意した。

 D4エンタープライズ(東京・中央)が運営する、1980年代以降に登場したレトロゲームの配信サイト「プロジェクトEGG」とのコラボレーションも購入特典の一つ。2022年10月31日までにLAVIE GXシリーズを購入し、プロジェクトEGGの利用登録を済ませると(月額550円、税込み)、プロジェクトEGGで利用できる3000ポイント(3000円相当)がもらえる他、無料で160タイトルがプレーできるようになる。

「プロジェクトEGG」の160タイトルが無料でプレーできるのは80~90年代のゲームで育った“元ゲーマーパパ”にはうれしい特典だ
「プロジェクトEGG」の160タイトルが無料でプレーできるのは80~90年代のゲームで育った“元ゲーマーパパ”にはうれしい特典だ

 さらに購入者先着500人にはカプコンの「モンスターハンターライズ デラックスエディション」(Steam版)のダウンロードコードをプレゼントするキャンペーンも展開する。これらの特典に加え、NECPCではゲームプレーの環境設定などを電話でサポートする「LAVIEゲーミングサポート」を購入から1年間の期間限定で無償提供していく。

 実はNECパーソナルコンピュータでは、19年にゲーミングPCプロジェクト「Project炎神(Engine)」を立ち上げていた。今回のLAVIE GXシリーズ発売で、ようやく実質的なスタートを切ったといえる。

(写真提供/NECパーソナルコンピュータ)

1
この記事をいいね!する