全国小売店の販売データを集計する日経POS情報で、2022年6月の来店客1000人当たり販売金額の前年同月比伸び率を調査した。食品カテゴリーの増加率で、昨今の値上げが影響した商品群として、7位に「マヨネーズ」(12.0%増)、10位「食用油」(11.6%増)がランクインした。

値上げの影響が食品カテゴリーの販売金額前年同月比ランキングにも表れている(写真/Shutterstock)
値上げの影響が食品カテゴリーの販売金額前年同月比ランキングにも表れている(写真/Shutterstock)

 日経POS情報の食品カテゴリー(大分類)における2022年6月の来店客1000人当たり販売金額前年同月比伸び率トップ10は以下の通り。

食品カテゴリー(大分類)の来店客1000人当たり販売金額の前年同月比
食品カテゴリー(大分類)の来店客1000人当たり販売金額の前年同月比
出所:日経POS情報(2022年6月)

 1位は、品薄状態が続く「ヤクルト1000」がリードする「乳酸菌飲料」(29.4%増)。21年10月からトップ10入りし、今回(21年6月)のランキングで増加率トップに躍り出た。

 2、3、4、9位は、6月末に梅雨が早々に明けて猛暑になったことを受けて販売が伸びた商品カテゴリーだ。2位「介護・病時食類」の上位には、大塚製薬「オーエスワン(OS-1)」などの経口補水液が並ぶ。3位「スポーツ飲料」(18.7%増)は、日本コカ・コーラ「アクエリアス」、大塚製薬「ポカリスエット」、サントリー「グリーンダカラ」の3商品でカテゴリー販売金額の9割を占める。4位「麦茶飲料」(17.4%増)は伊藤園「健康ミネラルむぎ茶」が過半数のシェアを占め、日本コカ・コーラ「やかんの麦茶」が続く。9位「水」(11.6%増)は、サントリー「天然水」が約30%のシェアを占め、以下、日本コカ・コーラ「い・ろ・は・す」、キリンビバレッジ「アルカリイオンの水」、アサヒ飲料「おいしい水 天然水」などが続く。

 7位の「マヨネーズ」(12.0%増)と10位の「食用油」(11.6%増)は、値上げによって販売金額が伸びたカテゴリーだ。食用油の過半を占めるのが「サラダ油」で、「ゴマ油」や「エクストラバージンオイル」「ピュアオリーブ油」などは前年同月比微減のため、ここでは小分類の「サラダ油」のデータに着目する。マヨネーズはキユーピー、サラダ油は日清オイリオグループが最大手で、日経POSがデータ収集するスーパーの売り場においては過半数のシェアを占める。

マヨネーズとサラダ油の販売金額シェア
マヨネーズとサラダ油の販売金額シェア
出所:日経POS情報
マヨネーズとサラダ油の来店客1000人当たり販売金額の推移
マヨネーズとサラダ油の来店客1000人当たり販売金額の推移
出所:日経POS情報

 マヨネーズの来店客1000人当たり販売金額は、長らく3300円前後で推移していたが、新型コロナウイルス禍で在宅時間が増えた20年2月以降に増加し、20年4~5月に4000円超を記録。新型コロナ第1波の収束後はまた3000円台に戻ったが、21年7月と22年3月にキユーピーが値上げをしたことで、直近5カ月間は4000円台が定着。22年6月は4608円にまで上昇した。コロナ禍前の2019年6月(3590円)と比べると、28.4%上昇している計算になる。21年上半期まで190円前後だった平均購入価格が、値上げによって22年6月に220.9円にまで上がったためだ。

マヨネーズとサラダ油の平均販売価格の推移
マヨネーズとサラダ油の平均販売価格の推移
出所:日経POS情報

 マヨネーズ以上に値上げの影響が出ているのがサラダ油だ。

この記事は会員限定(無料)です。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>
3
この記事をいいね!する